« ピンホールカメラのネガフィルム画像処理は難しい | トップページ | 家庭菜園近況(07-4-12) »

2007年4月11日 (水)

「紙フィルム映写機」の改造

 学研の「大人の科学vol.15」の「紙フィルム映写機」を作製したことを以前報告した(こちらをクリック)。なんとか映写はできるものの画面が小さくて映像も暗く、ぼんやりとした感じで、少しでも詳細に見ようとしても苦痛になる状態だった。

 画面が広く、明るくする改造方法が、「大人の科学vol.15」の改造編(「ふろくの改造」p.77)が載っていて、一度それを試みようと材料(「1W LED LIGHT」など)を集めたが、なぜか改造する気にはならなかった(こちらをクリック)。

 その後、一週間たったのであるが、せっかく高い「1W LED LIGHT」を購入(1980円でした)したのにそれを使わずに置いておくのもばかばかしい、また「紙フィルム映写機」も触る気もしない、という状態だったので、せっかくのことであるから、思い切って改造しようという気になってきた。

 大体の改造手順は分かっているのであるが、「1W LED LIGHT」のLEDのマイナス極がハンダ付けできないので「太めの熱収縮チューブ」を用いて固定している、とのことであった。この「熱収縮チューブ」というのがなんなのか分からず、探して購入する気もしないので、家にある幾つかのものを試みた。まず鉛の薄板を切ってそれを巻いてみようかとしたがマイナス極用のコード線を固定できずあきらめた。次に、昔オーディオの改造によく使った「ブチルゴム」を巻くことを考えた。しかしこれをやると、コードが固定されていないためリード線が動いたときに粘着性の良いブチルゴムが巻きついて、逆にコードが絶縁された状態になり全く用をなさなくなった。

 どうしたらよいか。しばし考えて、単にコードをLEDに巻きつければすむことに思い至った。そこで早速「平行コード」で12芯のものを買い求めた。付録のキットの豆電球のソケットにハンダ付けしてあるコードも12芯ぐらいの平行コードである。平行コードの片側のコードのビニール被覆を長い目に剥いて裸のコードにしてLEDに巻きつけた。巻きつけただけで何も処理していないが必要であればビニール・テープでも巻いておけば安心できると思う。もう一方のコードはLEDのプラス極にハンダ付け出来た。こうして、改造はできたかなというところである。LEDもちゃんと光がついた。改造の結果は下の写真を見てください(画像をクリックすると3倍拡大します)。

 いよいよ映写の試験である。画面は大きくなった。画面も明るくなった。しかし、これで改善できたというには、もともと付録の豆電球の暗さが我慢できない暗さで、今回の改造で用いたLEDが、付録としてのレベルとして要求したい「普通」の明るさ、という感じで、付録にLEDをつけていないのはコスト削減ということであろうか(大人の科学の値段が倍にはなるであろうと想像する)。だから、LEDの明るさのレベルでも、昔遊んだ8ミリ映写機のことを思えばはるかに暗い。なんとか我慢できる明るさにやっとなったというところである。

 以上のように、改造が何とか完了した。残った課題は、手でフィルムを回すので映写機本体が安定しないことである。これについては何とか考えていく必要があろう。

 1W LED LEIGHTは今は(照明用の)ライトとしてつかうこともないので、このままで映写機の取り付けておくが、もし、ライトとして使う必要が出てきたらどうしようか。映写機を元の豆電球に戻しLEDをライトに使用する、という選択肢はどうやらないようである。元の豆電球は金輪際ご免だ、ということである。

Dsc_0014v1_1 Dsc_00181_4

|

« ピンホールカメラのネガフィルム画像処理は難しい | トップページ | 家庭菜園近況(07-4-12) »

クラフト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

どらいあいすさん!
 安くてできる方法があったのですね。ホームセンターでLEDを探しているときにクリプトン球は目にはいったのですがね。今一歩踏み込みが足りませんでした。

投稿: とんぼナック | 2007年4月13日 (金) 07:43

通りすがりの者です。(^^ゞ
LEDに改造されたんですねぇ。

僕はお手軽に、100均で、4.8Ⅴのクリプトン球と、ホームセンターで電池ボックス(単3電池4本用)を買いまして、
ワニ口クリップで本体の電池ボックスの電極にパクっと。
電池ボックスを引きずるのはかっこ悪いですが…(^^ゞ

LEDと比較はした事がないので明るさとかは判りませんけど、結構きれいに見れますよ。

スクリーンから1m近く離すと、A4サイズくらいに拡大できますが、
さすがにレンズがあれなんでピントが…。

A4よりもちょっと小さめがベストですね。

僕の持ち方は、手を台に置いてからそのまま足の辺りを、下に押し付ける感じで持ってますねぇ。
あとハンドルは本体が動かないように円を描くようにゆっくりと回しています。
それでも多少は動きますけど…。
いっそのこと本体を台に固定しますかぁ?ヾ(^^;

投稿: どらいあいす | 2007年4月13日 (金) 04:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/14643093

この記事へのトラックバック一覧です: 「紙フィルム映写機」の改造:

« ピンホールカメラのネガフィルム画像処理は難しい | トップページ | 家庭菜園近況(07-4-12) »