« クレマチス・モンタナの開花 | トップページ | 我が家自生の草花(名前は何?) »

2007年4月27日 (金)

パノラマ・ピンホール写真のプリント依頼

 大人の科学vol14のピンホールカメラでパノラマ写真をネガフィルムで撮ったことは以前報告した。これらのネガフィルムの「現像」については近くの写真屋さんではまともにやってくれそうにも無かったので、結局、スキャナーでの取り込み、画像処理、印刷、という手順でやった。取り込みに時間がかかったり、画像処理もなれていなかったので試行錯誤が続いたりして、なんとか我慢できるところまでできたので以前報告した(参考1, 2, 3)。

 しかし、撮影したときの条件が悪かったのか(曇り空であったからか)、出来上がりの鮮やかさにかけるものであった。ピンホール写真なのでもともとピンボケのところがあるが、それが、鮮やかさにかけていた場合には、見栄えのしない画像になってしまいがちで、ピンホール写真の雰囲気のよさを感じることは困難であるな、と思ったものである。そこで、パソコン処理ではなく、プリントをしてもらったらどうなるかという興味が募ってきて、どこか写真屋さんでやってもらいたいと思うようになった。しかし、どこに頼んだものか、近くにはあまり「まともに」やってもらえそうなところがなさそうだし、と思ったが、先日一度ネガフィルムを現像だけやってもらったとき、店員がまともそうなお店があった。そこで、一度相談してみることにした。

 お店に行って、事情を説明したところ「やります」といい返事であった。問題は、どのサイズにプリントしますか、であった。ネガフィルムの一コマは、35mmフィルムの通常の1コマを2つフルに使用しているものである(通常の35mmの2コマの間にある空間にも映像が映っている)。こういうものをどのサイズにしたら良いですか、ということであったが、お店が用意しているサイズで、Eサイズ(117x82.5mm)、Lサイズ(127x89mm)などあるが、パノラマなので無理であるとのこと。即ち、狭い方のサイズ(82.5mmとか89mmの側)で目一杯に焼くらしく、そうすると117mm, 127mmでは私のパノラマは入りきらないとのこと。

 そのお店では「パノラマサイズ(225x89mm)」というサイズがあって、それでいいのではと店員は思ったが、そのあと、その店員はおもむろにネガフィルムを取り出し、機械にかけ、その機械に接続している(と思う)パソコンに向かってしばし沈思黙考していた。2-3分たって、「パノラマサイズ」では、私のパノラマ写真が全部ははいりません。両端が欠けます」とのことであった。そしてそのその店員は「○○サイズなら入ります」ということだった。理由は良くはわからなかったが、できるものであるならOK、ということで○○サイズでお願いした。○○のところが何であったか忘れてしまった(残念、そろそろ認知症かな)。

 30分待って出来上がった。約252x約88.5mmのサイズに仕上がっていた(やはり「パノラマサイズ」では無理であった)。やっとプリントしてもらえるところを探すことができ、また実際にプリントしてもらったのでまずはほっとした。店員が聞いた、スキャナー・パソコン処理と較べてどうですか、と。私の返事は、雰囲気は一緒です、だった。色合いその他ほとんど、スキャナー・パソコン処理と一緒であった。期待していた鮮やかさはほとんど改善が見られていなかった。しかし、逆にほっとした。なぜかというと、私のやってきたスキャナー・パソコン処理(画像処理)がほとんどプリント・レベルに到達していると思ったからだ(プロの目から見たらそうではなかろうが、「素人の趣味」という観点からは十分だ)。時間が無いときは、お金を払えば簡単にプリントしてもらえるのはありがたい、ということもある。今後もよろしくと店員にはお礼を言った。

 結局改善は見られなかったが、ひとつの勉強にはなったと思う。ピンホール写真を撮るときにはどうするのかの参考にはなった。ピンホール写真を撮るにはいろいろ制約がありそうで、条件を選ぶ必要がありそうである。そして大事なのは、何をどう写したいのか、どう表現したいのか、という問題ではなかろうか。

|

« クレマチス・モンタナの開花 | トップページ | 我が家自生の草花(名前は何?) »

カメラ」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/14860214

この記事へのトラックバック一覧です: パノラマ・ピンホール写真のプリント依頼:

« クレマチス・モンタナの開花 | トップページ | 我が家自生の草花(名前は何?) »