« 近況3-家庭菜園(3/24) | トップページ | 春本番-モクレンの開花 »

2007年3月25日 (日)

アーモンドの木の植付け

 昨日、アーモンドの木(約1.5mの高さ)を購入した。我が家の庭木がまた1つ増えたことになる。南高梅の木も同時に購入したので庭木が2本増えたことになる。アーモンドは、バラ科サクラ属で、2月から3月にかけてサクラに良く似た花をつける木である。

 なぜ、アーモンドの木を選んだかというと、30年ぐらい前に一時期外国に住んでいたときがあった。日本と違って、春になって、サクラを見ることは無いであろう、と思っていたが、中国人街のところに、サクラに似た花が咲いているのをみて、懐かしい感じがしたもである。その木がどうやら、アーモンドの木であった。

 日本に帰ってからも、サクラの花にそっくりな感じがするが、ソメイヨシノよりは早く満開になっている花を見つけたとき、その花はアーモンドの花であることを教えてもらったことがある。ソメイヨシノよりは綺麗で清楚でな感じがする花という印象もあり、いつかは植えたいものと思っていた。

 数日前に久しぶりでホームセンターの園芸コーナー、園芸店を、目的も無くみていたところ、アーモンドの木が目に留まった。ちょうど、2年前に購入したサクラの木が2年続けて花を咲かせそうにないし、この際、アーモンドを植えてみようかということになったのが、いきさつである。

 今年のアーモンドの花は期待していないが、まだ開花していない蕾が5個ぐらいはあるようである。サクラの木が花をつけないので、少ないが貴重なアーモンドの花、ということになりそうである。こう書いてくると、来年のサクラの木の運命は・・・となるが、切らずに辛抱強く待ってみるしかなさそうである。「鳴くまで待とうホトトギス」をもじって、「咲くまで待とう、ホトトギスと」、ではなく、「咲くまで待とう、ウグイスと」、といいたい。しかし、サクラの花に来るウグイス色の鳥は実はメジロだそうで、「咲くまで待とう、メジロと」、という一句になった。少々語呂が悪くなってしまった。

|

« 近況3-家庭菜園(3/24) | トップページ | 春本番-モクレンの開花 »

庭木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/14373879

この記事へのトラックバック一覧です: アーモンドの木の植付け:

« 近況3-家庭菜園(3/24) | トップページ | 春本番-モクレンの開花 »