« アーモンドの木の植付け | トップページ | 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 »

2007年3月26日 (月)

春本番-モクレンの開花

Dsc_00221_1  土日は恨めしい雨であったが、それが上がって今日は、春本番という感じで京都は昨日サクラの開花宣言もあり、気温20℃前後になった。いよいよ家庭菜園、ガーデニングの季節がやってきた、という感じである。我が家のモクレンもやっと今日から開花を始めた。近所の白モクレンは以前から咲いているようであるが、我が家のモクレンは毎年少々遅れてサクラの季節に咲いている。心配している我が家の2年目のサクラは花を咲かそうにない。やけになって、そばにあった草木灰を気休めに撒いておいた。花咲爺さん、ということになってくれれば、ということであるが。

 いままでは、家庭菜園、ガーデニングには早いので読書ばかりやっていた。そのため体がなれていないが、家庭菜園、ガーデニングの作業が増えてくる。ビニール・トンネルをしていたのもいつはずせばよいか、我流の私としては分からない。こうしてぽかぽかしてきたのでもう良いだろう、ということではずし、替わりにムシ防止のためにネットを被せておいた。

 ぽかぽかしているのは私だけでなく、我が家に出没する野良猫も一緒のようで、我が家とお隣さんの間にある日差しのよい静かな場所を日光浴の場所としてうつらうつら。私が近づいてもなんら危険視することなく、伸びるだけ体を伸ばしてお眠りである。

 もうひとつ、ぽかぽかしてうごめくものは、とかげ、である。ついにもう出てきた。まだ3月だというのに。モグラ騒ぎを昨年末にやったが、今のところ、モグラの出没は無いようである。超音波のモグラ撃退器がまだ効果を示しているようである。ついでにとかげも撃退してくれたらという淡い期待もあったが簡単に裏切られてしまった。この調子では、ヘビも撃退しないだろう。

 ガーデンニングは、昨年は、引越ししてきて1年目の年だったので、庭木などもほったらかしであったが、この冬の間に寒肥をやったりしているせいか、昨年の今時分と比べ、いろんなものが、花をつけ、葉を伸ばしているようである、サクラ以外は。それらの手入れもこのぽかぽか陽気と共に増えてくる。庭木、草木の挿し木、挿し芽も今年からは増えてくるであろう。冬の間冬眠し、ほとんどの時間読書に勤しんでいたが、今後をそうはいかないだろう。

 

|

« アーモンドの木の植付け | トップページ | 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 »

家庭菜園」カテゴリの記事

庭木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/14414265

この記事へのトラックバック一覧です: 春本番-モクレンの開花:

« アーモンドの木の植付け | トップページ | 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 »