« 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 | トップページ | 所狭しと咲く乙女椿 »

2007年3月29日 (木)

日々の戯言(1)-タミフルなど

 「日々のたわごと」と題して、気の向くまま、世情に対する「たわごと」を書きたい思う。長続きするかどうかはわからない。

 今日のニュースである。そのまんま東宮崎県知事が、インフルエンザにかかったそうである。一瞬「"鳥"インフルエンザ」にかかったのかと心配した。そうでなくて良かった。東知事もしばし休養を!

 今日厚生労働省の事務次官の会見があったそうである。タミフルの副作用についての認識が甘かったとか。薬の承認は「科学的」と言うことではあるが、科学的に証明されない限り ”副作用は無い” としてしまうロジックは論理学的にもおかしいのではないか。そういう間違った論理学がなぜ 厚生労働省内で通用するのか。

 タミフル以外の薬についても、その副作用についても見落としているかもしれないが、逆に、その有効性についても見落としているかもしれない。命を救うかもしれない薬剤を不承認にしてはいないか、という心配もある。卑近な例として、外国で許可はされていても日本では許可されていないものも多いとか。その他、年金、医療(ともに、破綻状態)と大問題が次々に控えているというのに困ったものである。

|

« 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 | トップページ | 所狭しと咲く乙女椿 »

日々の戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/14449526

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の戯言(1)-タミフルなど:

« 鷺森神社の枝垂れサクラの開花 | トップページ | 所狭しと咲く乙女椿 »