« 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 | トップページ | ピンホールカメラでのパノラマ写真の画像処理 »

2007年2月21日 (水)

ピンホールカメラ(大人の科学)でのパノラマ写真撮影

 ステレオピンホールカメラ(学研「大人の科学」vol14の付録)を作成したことは昨年12月24日のブログ報告した。そのときは、カメラの組み立てを終わった報告であったが、それを使ってのテスト撮影については遅れていた。レンズ無し、測光無し、手動フイルム巻上げ、三脚必須などの制約のあるカメラは始めてであったので一つ一つにもたついていた。ステレオピンホールカメラということで、ステレオ写真、普通の写真、パノラマ写真がとれるのであるが、パノラマ写真に非常に興味を持っていたので、テスト撮影としてはパノラマ写真に限ってとることにした。

 測光無しなので、露出時間を決める必要があったが、「大人の科学」の中に記載どおりにやったので問題なく撮影ができたようである。片手にGR digitalをもって、シャッタースピード、絞りの値を確認し、「大人の科学」にある対応表をみて露出時間を決めるという手順である。しかし、やっているうちにGR digitalがあるのにどうしてピンホールカメラなのか、とテスト撮影の間中自問自答を繰り返していた。

 三脚を使うのは必須だったが、三脚を使ったことはほとんどなく、町中で使うのは結構恥ずかしいものであるが、我慢して写真を撮った。

 フイルムの巻上げについては、カメラのカウンターを巻上げノブと勘違いしてやっていて、1本とり終わろうとしたときに気づいてボツになった。このため、テスト撮影が終了するのが遅れてしまった。

 最大の問題は、どこのお店に頼めばこのフイルムをこちらの希望通り処理してくれるか、ということあった。12月24日のブログでも書いたように、何とかやってもらえそうなところを見つけた、と思っていた。しかし、いざ、出してみると、35mmフルサイズ2コマ分のパノラマは機械にのらないらしく、パノラマ写真ではなく、35mm1コマずつにぶった切った焼付けをやっていた。それであっても、焼付け代金はちゃんと請求されてしまった。何も悪びることなく。ひどい店だった。

 こうして、なんとか、撮影と現像は終わったが、パノラマの焼付けができないので、仕方なく、スキャナーでネガフィルムを取り込むしかなかった。「仕方なく」というのは、以前にネガフィルムを取り込んだとき自分の思い通りの仕上がりになったことがなかった。しかも今回は、ネガフィルムのどこからが1枚の写真の始まりで、どこで終わるか、分からないので、スキャナーあるいは画像処理ソフトでちゃんと処理できるかどうか不安であった。しかし、近くには焼付けをやってくれそうなお店もなさそうなので勉強しながらやるしかない、と覚悟を決めた。

 スキャナーでの取り込みは昨日、試行錯誤を繰り返しながら何とか終了した。しかし、うまくいったのかどうか、これでよいものかどうか分からないままであった。取り込んだものをさぁーとみてみると、やはり、全体として青っぽい感じになっていた。ピンホールカメラなので、すこしぼわぁーとしたところがあるのは当然であるが(これはこれで面白いものであるが)、青っぽいことはどうしたらよいものか、ネットで情報を集めて勉強することにした。その結果、photoshop, photoshop elementsなどで、レベル調整などちゃんとすればよさそうなことがわかった。赤、緑、青のバランスをとれば良さそうなことが分かった。しかし、うまく行くかどうかは実際にやってみなければわからない。

 心配はあったが、今日、何とか画像処理も終わった。青っぽさは完全には解消されてはいないが、写真によっては日陰などでも写しているので仕方ないところもある。

 以下、サンプル写真を載せる。いろんな風景であるが、近所を中心に撮影している。最後の林の写真であるが、2分間の露出時間中、風が少し吹いていたので上のほうの木は被写体ボケになっている。どの写真も写真用紙に印刷したが、下のweb用の画像よりも雰囲気が出ている感じがする(お見せできないのが残念だが)。雪景色の写真は、2月2日に積雪のあったときのものである。

 テスト撮影一回きりでピンホール写真は終わるかもしれない、そうであっても仕方ない、と思っていたが、結構雰囲気が良さそうなので、折を見てやると楽しみが増えそうである。実戦配備のカメラが一台増えた感じである。

以下の写真の画像処理は、あまりにも酷いので、
一部やり直したものをuploadしています
そちらの方も見ていただければ幸いです

3b1

4a1_1

5b1

4b1

注:後日追加の関連記事はこちら

|

« 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 | トップページ | ピンホールカメラでのパノラマ写真の画像処理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13995035

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールカメラ(大人の科学)でのパノラマ写真撮影:

« 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 | トップページ | ピンホールカメラでのパノラマ写真の画像処理 »