« 今年初めての家庭菜園 | トップページ | 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 »

2007年2月15日 (木)

ついにやってきた魔の季節-花粉症

 この数日、風邪か花粉症か分からない日が続いている。こういうときは大体が花粉症の発生である。天気予報でも今日の京都市は花粉の飛散があるそうである。例年に較べて早い感じである。私の場合、例年は2月20日前後が花粉症の発生日であり、そういうときでも天気予報としては花粉の飛散の予報予報は無いのであるが、今年は違うようである。

 まだ酷くはないがこれからはひたすら「忍」の一文字である。花粉症の発生前から飲む薬(ここでは、「抗アレルギー薬」と書くことにする)があるが、その類の薬が効いた印象がないので、今年は飲むのをやめている。医者からどの抗アレルギー薬が良いですかと聞かれても、どれもない。どれも効かない、というと、処方も出来ないようである。それでも適当な抗アレルギー薬を処方する医者もいるが、そういう医者・抗アレルギー薬はもう勘弁である。ということで、今年は何年かぶりで、抗アレルギー薬を飲まないで、花粉の季節に突入することになる。抗アレルギー薬の効果を再認識するのか、薬代が助かったかと認識するか、どちらになるであろうか。

 最近では、花粉グッズが増えてきているか、患者にとって朗報となるものはまだないようである。細かい対策と重ねることにより、この季節を「忍」の一字で凌ぐしかなさそうである。幸い今年の飛散量は少なそうであるが当たるかどうか。

|

« 今年初めての家庭菜園 | トップページ | 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 »

花粉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13916030

この記事へのトラックバック一覧です: ついにやってきた魔の季節-花粉症:

» 気になる花粉情報・・・・杉なんてなくなってしまえ! [Yahooニュースは日本人の常識!]
<花粉症>大量飛散懸念する専門家も 対策グッズは http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000020-mai-soci 最近のニュースを見ていると、平年より花粉の量が多いとか少ないとか、飛散時期が早いとか遅れているとか、いろいろな情報が飛び交ってこまる。。。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 23:55

« 今年初めての家庭菜園 | トップページ | 「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境 »