« 庭木に寒肥 | トップページ | ソフトバンクのホワイトプラン »

2007年1月10日 (水)

サヤエンドウの被害

 家庭菜園を始めて1年経つ。冬を越す野菜として、始めて、さやえんどうの苗を購入して定植したのが、昨年の11月である。購入したときから既に茎丈は20cm程度あり、雪などの被害を受けなければ良いがと思いつつも、練習の意味も含めて苗植えした。

 昨年12月以降、我が菜園では2回ほど雪が積もった。茎が折れてはいないだろうな、と心配するも大丈夫であった。

 しかし、昨日気が付いたのであるが、何物かが茎の上半分を食いちぎっているのである。トリか、はたまた、ネコか。気づいたときに周りを黒い野良猫がうろついていたのでネコも犯人扱いである。また、キャベツはトリにかじられたような跡が残っているので、トリも犯人扱いである。

 さやえんどうは雪などで茎を折らないように、ということであったが、茎からかじられていたのではどうしようもない。失敗!ということになる。購入時は結構高かった苗で、しかも2週間後には半値になっていて怒り心頭であったが、また、鳥獣害にあってはあきらめざるをえない。

 さやえんどうの苗を植えたときに、グリーピースのタネもまいておいた。練習用にである。これが3個ほど芽が出ていて、今は小さい背丈であるので、今後はこれを楽しみにしよう。また、来年からは、エンドウ関係は苗を買うのはやめよう。タネから育てよう。

|

« 庭木に寒肥 | トップページ | ソフトバンクのホワイトプラン »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13425066

この記事へのトラックバック一覧です: サヤエンドウの被害:

« 庭木に寒肥 | トップページ | ソフトバンクのホワイトプラン »