« サヤエンドウの被害 | トップページ | 大人のえんぴつ1本ぬり絵 »

2007年1月11日 (木)

ソフトバンクのホワイトプラン

 元々携帯電話はあまり使わない方であるが、公衆電話も少なくなっているし、5年前に家族間の連絡用にどうしても必要だということになり、Jフォンと契約した。その当時たぶん安いほうの料金プランであったと思う。

 しかし、あまり使わないものにとって安い目のプランといえどもやはり結構な金額で、一種の税金か、と考えなければ気持ちの収まりが付かないものであった。そうして、5年も経ってしまったが、その間には私のような使用量のすくない人に魅力的なものは出なかった。auに安いプランがあると思ったが、どんぐりの背比べであった。携帯番号持ち運び制度ができてからauに代えても良いかなとも思ったが、手数料が結構かかるし、携帯電話は新規になるし、一時的な負担が多くなるのでやめた。それ以外の理由としても、一般に携帯電話の料金体系がどの会社もさっぱり分からない。今やっているもの(ソフトバンク)でも5年経ってもどういう体系になっているのか定かではない、というありさまである。毎月の請求書もいろいろ計算がしてあるが、足し算がたくさんあり、また引き算(値引き)がたくさんあって、どう見てよいかさっぱり分からず、あまり使用量が多くないので、トータル請求額のみて納得していたようなものである。auに移っていても料金体系が分からず困っていたであろうと思う。

 しかし、携帯電話代をかなり安くできるホワイトプランが5日にソフトバンクから発表され、今日から予約受付である。本当に安いのかどうか分からず、前の料金体系、オプション体系も分からないので157番に電話した。無知な私にはなかなか話しをしにくかったのであるが、どうやら、ソフトバンク特異の「落とし穴」のなさそうである。それでも心配なので、ブログで「ホワイトプラン」で検索し、みんながどういう書き込みをしているかこのところチェックしてきたが、やはり「落とし穴」はなさそうで、私のような使用量の少ないものにとってはメリットが多い、ということになった。料金体系もシンプルである。ネットでも変更はできるが、やはりショップに行ってみようということで、16日以降に変更することになった。5年前からこのプランがあれば、10万円以上セーブできたのにと今までの浪費(?)が残念至極である。

|

« サヤエンドウの被害 | トップページ | 大人のえんぴつ1本ぬり絵 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13438675

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクのホワイトプラン:

« サヤエンドウの被害 | トップページ | 大人のえんぴつ1本ぬり絵 »