« ソフトバンクのホワイトプラン | トップページ | モグラ撃退機設置 »

2007年1月18日 (木)

大人のえんぴつ1本ぬり絵

 「大人の塗り絵」の本が出て、結構売れているようで、本屋だけではなく、近くの画材屋にまで置いてある。塗り絵というと、何十年の前の子供のときにもあったような気がする。「気がする」ということは、塗り絵があったようではあるが私自身はやったことがない、ということである。どちらかというと女の子がやっていたのではないかと思う。 「大人の塗り絵」の本はあまり絵心をくすぐるようなものではないだろうと思い、やろうという気がおこらなかった。

 昨年6月頃に、思い立って、デッサン基礎の3日間授業を受けたことがある。60歳近くなるまで全くといってよいほど絵を描いたことがない(小学校の時と、中学校のわずかな時間を除いて)ものが思い立って授業を受けたのである。鉛筆でのデッサンであった。何とか最後までやったのであるが、輪郭を取るところも当然であるが、鉛筆で塗りこんでいくところ、トーンをつけるところがもたもたして(というとすべてになるが)、全くうまく行かなかった。デッサンは書き込めば書き込むほど必ず上達する、ということであるが、デッサンに没頭するほどの情熱は持ち合わせてはいないもののうまくなったらなぁ、と思うこともしばしばであり、そのまま何もせずに時間が経っていった。

Ajisai16a_600 そういうときに「大人のえんぴつ1本ぬり絵 」という本が出ていることを、PHP「本当の時代」2006年12月号で知った。黒鉛筆一本で描く塗り絵、ということであるが、濃さの違う黒鉛筆を数本そろえたほうが書きやすいので、黒鉛筆一本、ということにはならない。

 きちんと最初から全部デッサンをする方が良かろうとは思うものの、今の課題(塗りこみ方)に近い教材を提供してくれているものだと思い込んで取り組むことにした。そもそも、昨年デッサンの授業は受けたものの、鉛筆の削り方、出す芯の長さ、鉛筆の持ち方、などの基本を授業では教えてもらっていないのであった。

 いまは、時間を見ては、「えんぴつ1本ぬり絵」をやっているところである。今日は、アジサイが完成したので写真に撮って載せました。

 今は、いぬ、ねこの塗り絵にチャレンジしているが、毛並みを書き込んでいくのはどうも難しいものである(継続中)。題材が全部で20あるのでそれが終わったら、色鉛筆での「大人の塗り絵」のシリーズにチャレンジするようにスタンバイしているが、今の塗り絵に相当時間がかかっているのでいつのことになるかわからない。黒鉛筆でのデッサンはかなり時間がかかるのである。

|

« ソフトバンクのホワイトプラン | トップページ | モグラ撃退機設置 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13561118

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のえんぴつ1本ぬり絵:

« ソフトバンクのホワイトプラン | トップページ | モグラ撃退機設置 »