« 今月(12月)読んだ小説 | トップページ | プレゼント応募に当る楽しみ »

2006年12月30日 (土)

ピンホールレンズ

 先日「ステレオピンホールカメラ(大人の科学)の作成」の記事を書いた。しかし、制作したステレオピンホールカメラでの試し撮りはまだ行っていない。写真の撮り方が分かりにくかったのでその勉強をしていたからである。時期を見て、チャンスを見て、試し撮りをやろうと思っている。

 今日、分かったことであるが、世の中では「ピンホールレンズ」というものが販売されているらしい。ケンコーが販売しているもので、一眼レフのカメラでピンホール写真を楽しめるとか。しかも、デジタル一眼レフでも使えるのでどんなことになるのか。レンズにピンホール(0.2mm)を開けてあるので、真円度が高いそうである(値段も「高い」が)。

 まだ購入してはいないが、一眼レフで、三脚をつけて(ピンホールカメラでは三脚は必須)、「ピンホールレンズ」、としたら、果たして面白いのであろうか、という変な心配も出てくる。しかし、一眼レフなので、露出がいろいろ設定できるし、デジタル一眼レフカメラの場合は即画像が分かる。その辺はメリットであろう。「ステレオピンホールカメラ(大人の科学)」では特に「ステレオ写真」「パノラマ写真」が魅力であったが、このピンホールレンズでは通常のピンホール写真しか楽しめないのが残念である。

 いずれにしても来年の楽しみがまた増えたということになろう。

|

« 今月(12月)読んだ小説 | トップページ | プレゼント応募に当る楽しみ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13265998

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールレンズ:

« 今月(12月)読んだ小説 | トップページ | プレゼント応募に当る楽しみ »