« キセキレイの訪問か-我が家の家庭菜園 | トップページ | 今月(12月)読んだ小説 »

2006年12月24日 (日)

ステレオピンホールカメラ(大人の科学)の作成

 このところ2週間書き込みをしていなかった。最近は読書に励んでいるのでついつい書き込みを忘れていた。

 読書の中でも、写真関係の書物が多く、最近読んだ本として、「写真論集成(多木浩二)」「犬の記憶(森山大道)」「犬の記憶 終章(森山大道)」「写真とことば(飯沢耕太郎)」「写真美術館へようこそ(飯沢耕太郎)」などがある。

 こうして、すこしは、写真関係の勉強をしているときに、タイミングよく、学研の「大人の科学」のシリーズが12月18日発売のvol14で「ステレオピンホールカメラ」の特集号を発売したので早速買い求めた。立体写真、パノラマ写真、通常の写真、の3通りの写真がとれるピンホールカメラである。注意事項に記載されていることは、制作したカメラで撮った写真は、フィルムの巻上げが手動なのでフレームの位置が一定ではない、自動のDPEのお店ではちゃん焼付けしてもらえない可能性がある、とか、パノラマ写真は引き受けてくれるところがあるかどうか確認が必要である、とかいうことが書いてあった。学研の「大人の科学」のシリーズをいままでにもいくつかのやっているが、制作前に、こういう心配をしなければいけない、ということは始めてであった。それに、最近では、カメラがデジタル化しているのでそももも現像を引き受けてくれるところは少なくなっている。

 焼付けはしてもらわなくても現像だけして、後は、ネガフィルムなどからスキャナーで取り込んでもいいかな、と思ったものの、スキャナーでの取り込み、編集には時間もかかり、やはり、焼付けもしてくれるところがあったほうがいい、と思ようになった。しかし、近所の店を思い浮かべても、自動DPEを引き受けてくれるところはあっても、今回のようにややこしい注文をこちらの思い通りに引き受けてくれそうなところはなさそうである。

 以前に、証明写真が必要だったときも、こういう条件の証明写真を撮りたいのですがやってもらえるでしょうか、と確認しながらお願いしたとき、物分りの悪い年配のおばさんが、うちは変な写真屋ではありませんと、なぜか向こうのプライドを傷つけたようで、写真を撮りますかどうしますか、とたたみ込んでくるので、二の足を踏んだことが思い出された。そういうお店とか、ほかにもお店があるが、わたしの住んでいるあたりはどうもしっくりコミュニケーションがとれない店ばかりで困っていた。昨日、ある大型店舗に買い物に行ったとき、ふと見ると、DPEのお店があって、店主と思しき若い(といっても30-40歳であるが)お兄ちゃんと目が合った。おずおずと、事情を話したところ、すべてOKであった。フレームがずれていても見ながら焼付けをやる、パノラマ写真も可能、ということであった。ただ、お店が遠いのが困るが、やってもらえることなのでよしとし、一安心である。

Dsc_0007cut_600 こうして、制作に取り掛かる前の心配は解消したので、家に帰って早速制作に取りかかった。1時間程度でできると書いてあったがその通り、1時間少しで出来上がった。サイズは最近のコンパクトのデジタルカメラと較べておおきいもので(35mmフィルムを2枚同時写すことになるので)、一眼レフのデジカメの下半分くらいの大きさになっている。シャッターはちゃんとあるが、マニュアルで操作する感じである。いいかえると「シャッター可変マニュアル式、絞り一定のカメラ」という感じになっている。

 まだ、写真は撮っていない。これからである。以前、学研の「大人の科学」のシリーズでは、「まるごと手作りのスピーカー」(作成記録はここをクリック)、「プラネタリウム」、レオナルト・ダ・ビンチのヘリコプタ」(作成記録はここをクリック。飛行風景はここをクリック)、「投影式万華鏡」などを作成した。スピーカー以外は作ってもあまり使わずにそのまま飾ってある。今回のステレオピンホールカメラは写さなければただの箱になる。これからが大変であるが、ピンホールカメラは、写真の学校では自作などして教材として使っているようである。何らかの勉強にはなると思うが、どういう写真がとれるか、楽しみである。

後日追記:ピンホール写真を撮ったとき記事はこちら ⇒ ピンホールカメラ(大人の科学)でのパノラマ写真撮影、画像処理をしたときの記事はこちら ⇒ ピンホールカメラでのパノラマ写真の画像処理

|

« キセキレイの訪問か-我が家の家庭菜園 | トップページ | 今月(12月)読んだ小説 »

クラフト」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/13179952

この記事へのトラックバック一覧です: ステレオピンホールカメラ(大人の科学)の作成:

« キセキレイの訪問か-我が家の家庭菜園 | トップページ | 今月(12月)読んだ小説 »