« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の10件の記事

2006年12月31日 (日)

プレゼント応募に当る楽しみ

今年最後の書き込みです。 「プレゼント応募に当る楽しみ」というタイトルの新規文章を、私のHPサイトの「とんぼナックのエッセイ」に載せました。よろしかったら見てください(→ここをクリック)。以下、同じものを記載する。

 一年半ぐらい前に定年まで数年を残して早期退職し、今は"毎日がサンデー"の日々を送っている。時間があるせいか、気が向いたときなど、いろんなプレゼントの応募、懸賞の応募を行うことがある。定期購読の雑誌や折り込み新聞などを初め、ネット、メールマガジンなどいろんなものがある。

 どうせ当たりはしない、と当たらないことを当然のこととして、だめもとで応募することもたびたびある。したがって、いつが応募締切日で、いつが抽選日かは覚えていない。また、そういう気楽な応募のため、応募数も多くはない。手元には官製はがきも10枚も置いていない(民営化で「官」ではなくなり、「官製はがき」という単語も死語になるであろう)。

 この一年半の間、このように、どれに何を応募した記憶も定かでない状態であり、時々、宅急便屋さん、郵便屋さんが当選のプレゼントを配達してくれたときに応募していたことに改めて気づくという有様である。そういうことは小物のものも含めば何回かはある。退職するまでは仕事に没頭していたためか、こういう経験はしたことがなかった。在職中の数年前思い立って、一時期、朝日新聞のクイズの応募、文芸春秋のクロスワード・パズルなどの応募をそこそこやってみたが、梨の礫で、知らないうちに応募もしなくなっていた。しかし、この一年半は、なぜか、また当たった、また当たったということが続いた。1000円以上すると思われるものとしては、トロピカルフルーツ(マンゴー)、すき焼き用の和牛500g、子供用の実験キット(結構高そうなものである)、園芸用品(植物活力液)、お寺の拝観券(ペア)、などが当たっている。

 プレゼントの応募については、昔、応募魔の主婦があるテレビ番組に出ているのを見たことがあった。正確には覚えていないが、当たる秘訣を披露していたようである。その人のやり方は、応募はがきに、いろんなメッセージ、添え書きを書くのだったように覚えている。抽選する人にアピールするような文章を考えて、また、色もいくつか使ってかわいらしく「作品」を作るのだそうである。そうすると、部屋一杯に賞品で埋められていったということだった。私にはその方法はできない、気の利いたことはかけないと諦め、それができないためにプレゼント応募が当たらないのだとずっと思っていた。

 ところが、このところ当たっている。なにも気の利いたことを書いているわけではない。色をいくつか使って応募葉書を書いているのでもない。なぜか知らないが、当たっているのである。応募している数は前より多いかもしれないが、当選率から言えば今の方がはるかに高い、というか、以前は当たったという記憶がない。このところ応募のときに気をつけていることを強いてあげると、一応、競争率というものを推測することはしているようである。応募母集団の大きそうなものは応募をためらうことが多くなっている。逆に競争率が低そうなものは積極的に応募しているのかもしれない。しかし、競争率は初めからわかっているのではなく、また後になって分かるわけでもない。あくまで推測であって、競争率が高そうでもよく当たったな、とあとで思うこともある。

 最近はネットでの応募も多くなってきた。ネットでの応募は比較的簡単である。応募しやすい。とくに朝日新聞購読者はアスパラというサイトが利用できてプレゼントも多い。しかし、ネットでの応募は簡単にできるというのはみんなも同じ気持ちのようで、結果的に応募母集団の大きくなって行っているのではと思う。従って当然当たったという記憶がない。

 このように、忘れた頃、たとえ100円、200円程度のものであっても、ちょっとしたプレゼントがもらえるのは楽しいものである。こういう欲のない応募というのが一番良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

ピンホールレンズ

 先日「ステレオピンホールカメラ(大人の科学)の作成」の記事を書いた。しかし、制作したステレオピンホールカメラでの試し撮りはまだ行っていない。写真の撮り方が分かりにくかったのでその勉強をしていたからである。時期を見て、チャンスを見て、試し撮りをやろうと思っている。

 今日、分かったことであるが、世の中では「ピンホールレンズ」というものが販売されているらしい。ケンコーが販売しているもので、一眼レフのカメラでピンホール写真を楽しめるとか。しかも、デジタル一眼レフでも使えるのでどんなことになるのか。レンズにピンホール(0.2mm)を開けてあるので、真円度が高いそうである(値段も「高い」が)。

 まだ購入してはいないが、一眼レフで、三脚をつけて(ピンホールカメラでは三脚は必須)、「ピンホールレンズ」、としたら、果たして面白いのであろうか、という変な心配も出てくる。しかし、一眼レフなので、露出がいろいろ設定できるし、デジタル一眼レフカメラの場合は即画像が分かる。その辺はメリットであろう。「ステレオピンホールカメラ(大人の科学)」では特に「ステレオ写真」「パノラマ写真」が魅力であったが、このピンホールレンズでは通常のピンホール写真しか楽しめないのが残念である。

 いずれにしても来年の楽しみがまた増えたということになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月(12月)読んだ小説

 なぜか今月は読書に親しんだ。定年近くの歳になって(といっても早期退職している)、学生時代のあの生産活動のことを考えなくて良かった時代に読書した、そういう時代の気分に浸っている。学生時代以降そういう気分を全く忘れていた、そういう、良き学生時代の気分を取り戻している、そういう感触に浸っている、といえるかもしれない。

 12月に読んだ本は、一方で、なぜか、主人公が15歳の生徒であったり、青年であったりする。生産活動とは関係なくこれからの人生を考える、という設定の本が有る。他方では、「老年」の思いを込めた本である。このように、なぜか両極端になってしまった。

 11月の終わりか12月の初めに、NHKBSでヴィスコンティの「ヴェニスに死す」をやっていた(「ベニスに死す」の前にBSで「ルードウィヒ/神々の黄昏 」もやっていたが、以前にもテレビ放送あったときに一度見ていたのでこれで2回目であった)。それに触発され原本を読んでみたいと思ったのが始まりである。そして、トーマス・マンの「トニオ・クレエゲル」(これもなぜか買ってしまった)、「魔の山」(これは早期退職する前から通勤中に読んでいたが、全然進まず放っておいたもの)などを今月読んだ。「魔の山」と「トニオ・クレエゲル」は若者の本で、「ベニスに死す」が老人の本と言えるだろう。

 その他、村上春樹の「海辺のカフカ」も読んだ。これは15歳の生徒が主人公となる本で、村上春樹の本は始めてであったが、芸術性を帯びた物語の運び方は読んでいて結構楽しいものであった。

 そして、その間に読んだ「老いるということ」(黒井千次、講談社現代新書)に触発されて伊藤整の「変容」を読み終わった。「老いるということ」のなかで、老人と恋愛が描かれていると紹介されているので興味を持って読んだ次第である。

 もともと小説はあまり読まないほうなので、今月いくつかの小説に接し、また学生時代の気分に(30-40年遡った気分に)なったことは、殺伐とした今の世の中で、気持ちを豊かにしてくれるものであった。ただ、若者の本は今後の老後人生にどう生かすか、となると、明確な考えが浮かばない、というのが正直なところである。

参照リンク: ヴェニスに死す トニオ・クレエゲル 魔の山〈上〉 魔の山〈下〉 海辺のカフカ (上) 海辺のカフカ (下) 老いるということ 変容

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ステレオピンホールカメラ(大人の科学)の作成

 このところ2週間書き込みをしていなかった。最近は読書に励んでいるのでついつい書き込みを忘れていた。

 読書の中でも、写真関係の書物が多く、最近読んだ本として、「写真論集成(多木浩二)」「犬の記憶(森山大道)」「犬の記憶 終章(森山大道)」「写真とことば(飯沢耕太郎)」「写真美術館へようこそ(飯沢耕太郎)」などがある。

 こうして、すこしは、写真関係の勉強をしているときに、タイミングよく、学研の「大人の科学」のシリーズが12月18日発売のvol14で「ステレオピンホールカメラ」の特集号を発売したので早速買い求めた。立体写真、パノラマ写真、通常の写真、の3通りの写真がとれるピンホールカメラである。注意事項に記載されていることは、制作したカメラで撮った写真は、フィルムの巻上げが手動なのでフレームの位置が一定ではない、自動のDPEのお店ではちゃん焼付けしてもらえない可能性がある、とか、パノラマ写真は引き受けてくれるところがあるかどうか確認が必要である、とかいうことが書いてあった。学研の「大人の科学」のシリーズをいままでにもいくつかのやっているが、制作前に、こういう心配をしなければいけない、ということは始めてであった。それに、最近では、カメラがデジタル化しているのでそももも現像を引き受けてくれるところは少なくなっている。

 焼付けはしてもらわなくても現像だけして、後は、ネガフィルムなどからスキャナーで取り込んでもいいかな、と思ったものの、スキャナーでの取り込み、編集には時間もかかり、やはり、焼付けもしてくれるところがあったほうがいい、と思ようになった。しかし、近所の店を思い浮かべても、自動DPEを引き受けてくれるところはあっても、今回のようにややこしい注文をこちらの思い通りに引き受けてくれそうなところはなさそうである。

 以前に、証明写真が必要だったときも、こういう条件の証明写真を撮りたいのですがやってもらえるでしょうか、と確認しながらお願いしたとき、物分りの悪い年配のおばさんが、うちは変な写真屋ではありませんと、なぜか向こうのプライドを傷つけたようで、写真を撮りますかどうしますか、とたたみ込んでくるので、二の足を踏んだことが思い出された。そういうお店とか、ほかにもお店があるが、わたしの住んでいるあたりはどうもしっくりコミュニケーションがとれない店ばかりで困っていた。昨日、ある大型店舗に買い物に行ったとき、ふと見ると、DPEのお店があって、店主と思しき若い(といっても30-40歳であるが)お兄ちゃんと目が合った。おずおずと、事情を話したところ、すべてOKであった。フレームがずれていても見ながら焼付けをやる、パノラマ写真も可能、ということであった。ただ、お店が遠いのが困るが、やってもらえることなのでよしとし、一安心である。

Dsc_0007cut_600 こうして、制作に取り掛かる前の心配は解消したので、家に帰って早速制作に取りかかった。1時間程度でできると書いてあったがその通り、1時間少しで出来上がった。サイズは最近のコンパクトのデジタルカメラと較べておおきいもので(35mmフィルムを2枚同時写すことになるので)、一眼レフのデジカメの下半分くらいの大きさになっている。シャッターはちゃんとあるが、マニュアルで操作する感じである。いいかえると「シャッター可変マニュアル式、絞り一定のカメラ」という感じになっている。

 まだ、写真は撮っていない。これからである。以前、学研の「大人の科学」のシリーズでは、「まるごと手作りのスピーカー」(作成記録はここをクリック)、「プラネタリウム」、レオナルト・ダ・ビンチのヘリコプタ」(作成記録はここをクリック。飛行風景はここをクリック)、「投影式万華鏡」などを作成した。スピーカー以外は作ってもあまり使わずにそのまま飾ってある。今回のステレオピンホールカメラは写さなければただの箱になる。これからが大変であるが、ピンホールカメラは、写真の学校では自作などして教材として使っているようである。何らかの勉強にはなると思うが、どういう写真がとれるか、楽しみである。

後日追記:ピンホール写真を撮ったとき記事はこちら ⇒ ピンホールカメラ(大人の科学)でのパノラマ写真撮影、画像処理をしたときの記事はこちら ⇒ ピンホールカメラでのパノラマ写真の画像処理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

キセキレイの訪問か-我が家の家庭菜園

 我が家の家庭菜園はいろんな動物の訪問がある。これまでにも1年半の間で、ざっと数えただけでも、アマガエル、トノサマガエル、サワガニ、キジバト、スズメ、ヒヨドリ、ウグイス、モグラ、ヘビ、トカゲ、多数の昆虫(タマムシ、ハンミョウなども含む)、・・・・・などがある。

Dsc_0005_m  今日は、また、新しい鳥の訪問を受けた。写真は、タマネギの畝の近くを闊歩しているときの鳥である。突然のことで210mmの望遠で写真を三脚なしで撮ったので手ぶれが酷いが記録として載せた。鳥の同定であるが、どうやら「キセキレイ」のようである。背景の石の長さから15cm程度の鳥で、キセキレイにしては小さいほうになるのかな。私の持っているポケットの図鑑ではキセキレイに一番近かった。

 こうしていろんな動物が訪問、棲息するので、もし、家を売るときは 《中古物件、付帯設備=各種自然動物付き》 という広告にしなければいけないかもしれない。

 忘れている訪問動物がいた。ノラネコである。畑荒らしは何とかならないかなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

家庭菜園-モグラの侵入か

 我が家の菜園は1年前から元々畑でないところ(宅地)を開墾し少しずつ畑らしくなっているところである。このところ畑の畝を中心にして変な現象が生じている。一応私としては畝らしくきちんと整備し種まき、定植を行なって栽培しているのであるが、その畝の肩を中心として、知らぬ間に部分的に崩れているのである。崩れていると言うよりも、畝が地面の下からいささか膨れ上がってきている、という感じのほうが適切かもしれない。少々膨れ上がって、畝の表面が割れているのである。そういう箇所が何箇所もできている。そして、離れた畝でそういう現象が見られている。

 なんとも地震か何かの後を思い出すような姿であるが、もともと畝にトンネル用の支柱を立てたところからこのような現象は始まったので、そのときの振動で、そういうことになったのかな、と思っていた。しかし、支柱を立てていないところにもそういうのができてきた。最近は生ゴミ堆肥をまいているので、その影響で地盤がおかしくなっているのでは、とも思ったが、生ゴミ堆肥をまいていないところでも起こっている。

 直接たいした被害もなさそうなのでそのままにしている。しかし、この地盤の崩れは菜園部分でない箇所、ガーデニングをしているところにも広がってきたのである。

 先日、隣人との境界線の雑木の整理のときに、隣人が連れてきた年配の方が、ガーデニングのところの地盤の崩れを見て、とっさに「これはモグラのせいだ」と言った。その人は、それが証拠にと、地盤の崩れのところを掘った。それみろ、このように地下に穴が通っているだろう、ということであった。こちらとしては、モグラといっても見たこともないし、どうしたものかと思ってしまう。その人曰く、「モグラがおるところは畑が良いという証拠だ」と。慰めのつもりで行ってくれたのであろうが、なんとも釈然としないままである。

 今のところ直接被害はないものの退治の必要はあるのであろう。ネット検索をしてみると、「モグラ退治風車」なるものがあるようである。そういえば、近くの畑でこのような風車を見たことがある。そのときは、子供の工作で作成したものを畑においているのであろう、風流を味わっているのであろう、と思っていた。しかし、どうやら無知のなせる業であったようである。近所でもモグラ退治をやっていたようである。我が家でも、そのうち、モグラ退治風車を作ることになるであろう。一つ気になるのは、やはり今のところまだモグラの姿にはお目にかかっていないことである。本当にモグラなのだろうか。家庭菜園をやって、ヘビやトカゲは覚悟したものの、トノサマガエル、モグラなどに遭遇するとは予想外、想定外、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

鷺森神社(京都)の火焚祭・湯立神楽(HPにUpload)

 ココログは長時間(53時間)のメンテナンスで書き込みが出来なかった(メンテナンスの結果が不毛で、メンテナンスの前に戻して再開という恥ずかしい話)。

 その間の12月5日(火)に、近所の鷺森神社では、名残のもみじがまだ神社を赤く染めている中で、火焚祭・湯立神楽が行なわれた。

 火焚祭とは、江戸時代から京都地方などで行われる神事で、火を焚き、祝詞や神楽でもって神意を慰めるものとか。

 鷺森神社では、火焚祭は午後3時から始まった。本殿の儀のあと、火焚の儀があり、そのあとで神楽があった。「湯立神楽」が奉納された。最後に、みかんやおこしなどの供えもの授与があり、参詣者のである私も頂いた。また、野菜即売会(大根、蕪、キャベツ、白菜、人参、牛蒡など)もあったので、大きな白菜一玉と大きな蕪一個(直径は20cmあったと思う)をそれぞれ100円で購入した。入れ物を用意していなくて行ったので両脇に抱えて家に帰ったが、大きいので重たかったこと。

 火焚祭・湯立神楽の写真などについては、ここで一部載せているが、とんぼナックのホームページにはもっと多くUploadしている(火焚祭・湯立神楽の写真集)ので参考にしていただければと思う。

 鷺森神社の湯立神楽は素朴で参詣者も少ないものであるが、もっと派手な湯立神楽が城南宮(京都)で行なわれている。その動画がUploadされているので参考までに(こちらをクリック)。

Ohitaki_0198m Ohitaki_0207m Ohitaki_0230m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログは利用料の返還を

 12月5-7日の間ココログ管理画面は53時間のメンテナンスで使用できない状態であった。書き込みなどは出来ない状態であった。足掛け3日間に亘るメンテナンスは今年2度目である。

 しかも今回は終了予告の時間を過ぎても、当初の目的が達成されるどころか、ますます酷くなる、という事態に陥った、ということで、システムをメンテナンスの前の状態に戻すとか。この53時間の不通は全くの無駄になったばかりか、また、新めてメンテナンス(多分3日間)をやるとか。全くココログ・ユーザーを馬鹿にした話だ。

 NTT西日本もトラブルで3日間の電話不通が続いたことがあったが、この間の代金はちゃんと返却された。私の場合は「ひかり電話」の500円の基本料金のうち49円が返還された(不通だったので通話料金は発生していない。従って通話料金の返却はなし)。

 ココログも今回のメンテナンスは有料サイトが対象なので、使用できなかった時間に相当の代金(今年2回)は返却すべきだと思う。ココログ・プロの場合は結構高い料金なのでなおさらである。上場会社としての品位を問いたい。まやかしのIT企業ではないでしょうね。ココログは「サービスが提供できなかったのに料金を取っている」、つまり、詐欺まがいのことをやっているとみなされないよう対応すべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

モミジの落ち葉の掃除-兵器登場です

Dsc_0169e2

Dsc_01721

 鷺森神社(京都)の紅葉も12月1日が最高の日で、今日は既に落葉が進んでいます。広い参道は、落ち葉の片づけが大変です。参道脇にも人家があり、自分の家の前は皆さんがほうきで掃いています。しかし、人家がないところは、多分、神社のかたの掃除になるのでしょうか。帚ではなくて「掃除兵器」を持ち出しての清掃です。空気を吹っかけて落ち葉を寄せていきます。これは楽そうでした。エンジンの音は少々邪魔でした。また、神社のお子さんでしょうか、お手伝いです。見る見るうちに片付いていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

鷺森神社(京都)-今日の紅葉は最高です

Dsc_01301_2  鷺森神社(京都)の紅葉は盛りになってきました。

 今日も写真を撮ってきました。今日の紅葉は最高で、昨日よりも綺麗になっています。今日のベストショットを載せました(クリックで拡大します)(Nikon D70 + Tamron 28-75mm 1:2.8)。この写真は私のPCの壁紙としても使えそうです(今年一年間は圓光寺の紅葉の写真を壁紙に使いました)。

 明日、明後日にかけて紅葉はどんどん進んでいくでしょうか。それとも一番美しいのは今日でしょうか。  

 12月5日には火焚祭があり、神楽の奉納と、野菜の即売会があるとか。冬間近です。冬に入る直前の名残の紅葉です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »