« 家庭菜園の現状-サヤエンドウの定植 | トップページ | 街は冬支度 »

2006年11月25日 (土)

家庭菜園の現状-収穫間近のキャベツ、カリフラワー

 世の中の野菜の生育は農家の出荷調整が行なわれているように順調である。我が家のささやかな家庭菜園も順調である。この前報告したブロッコリーを今朝収穫した。ブロッコリーについては家庭菜園を始めて初めての収穫である。さて、どんな味がするか。

 その他の野菜も順調に生育している。キャベツについては、外側の深い緑の葉っぱの中から、薄緑、あるいは、黄緑の結球が大きくなってきている。まるで赤ちゃんが飛び出てきている感じである。それをみて、昔(1980年代らしい)、日本でははやらなかったが世界的にはやったキャベツ畑人形を思い出した。あの人形の姿が「キャベツ」とどんなつながりがあるのかいまだに釈然としない。我が家のキャベツの写真を撮った次いでに写真にいたずら書きをしてみた。我が家の菜園では、こんな感じでキャベツ畑が見えてくるのである。

Dsc_02221_1 Dsc_0222draw31_1

 その他の野菜として、カリフラワーが花蕾をつけている。茎の下のほうに恥ずかしそうにつけている。この花蕾は日に当てないようにということであるが、日焼けするらしい。日焼けして味が落ちるとか。写真は、日焼け防止に周りの葉っぱでくるんでやる前のカリフラワーである。カリフラワーも家庭菜園で始めてのものであり、収穫までは間じかと期待したいが、どうであろうか。

Dsc_02261

 聖護院カブも植えている。これも家庭菜園で始めてである。なかなかカブらしきものができてこないのでやきもきしている状態である。

|

« 家庭菜園の現状-サヤエンドウの定植 | トップページ | 街は冬支度 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/12802313

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭菜園の現状-収穫間近のキャベツ、カリフラワー:

« 家庭菜園の現状-サヤエンドウの定植 | トップページ | 街は冬支度 »