« やっと咲いた金木犀-強剪定のあとで | トップページ | 不可解なブログ・アクセス数増加(10/17のこと) »

2006年10月15日 (日)

家庭菜園で畑の掘り起こし-トノサマガエル、トカゲの棲家?

 家庭菜園を始めて1年2ヶ月経とうとする。元々畑ではない宅地を家庭菜園にした。最初は、つまり昨年の今頃は、土地を耕すこともあまりせずに種蒔し、あまりうまくは行かなかった。そのため昨年の11-12月に3月の種蒔に向けて土地を深く掘り起こした。そのため、今年の春、夏の家庭菜園はうまく行った野菜が多かった。

 今、夏、秋の種まき用に、また、土を掘り起こし、堆肥等を追加している。ところが困ったことに、畑の中に動物が住んでいるのにぶち当たる。

 1ヶ月位前には、畑を掘り起こしているときに、トカゲが2匹飛び出して逃げていった。今日、(3月以来掘り起こしていない)畑を掘り起こしていたら、なんとカエルが出てきた。15cmもある大きなトノサマガエルのようなカエルであった。カエルが出てきたといっても、トカゲの場合と違って飛び出ることはしなかった。掘り起こした畑のそこに(下に)鎮座していた。スコップで掘り起こしている時に怪我をしたらしく、そのため飛び出ることはできなかったようだ。何とか近くの草むらにおいてやって逃がせてやった。怪我をしているのでどこまで生き延びるか、また、近くの草むらにはヘビがすんでいるので餌食になる可能性があるが。それにしても、どうやってあの大きなカエルが畑の中に入っていったのかミステリーである。

 このように、わが家庭菜園は、いろんな動物の棲家となりつつある。少々は心配して始めたものの、実際、そうなってくるとは。他の人のブログで家庭菜園のことの書き込みをいつも読んでいるが、こういう話は聞いたことがない。家庭菜園をやっている人はこういうことには遭遇しないのだろうか。近所ではサルの被害とか、シカの被害という話は良くきくが、我が家はまだその被害はない。いろんな動物の棲家であってもさほど被害はないのであるが、好きな動物ではないのでこれらも困りものだ。一番心配しているのは、畑の中にヘビが棲みつかないか、ということである。畑の周辺には、ヘビが出没している。しかし今のところ、畑の中にはやってきていない。もし長靴の中にもし入っていたらとか心配である。ヘビは一番困る。

|

« やっと咲いた金木犀-強剪定のあとで | トップページ | 不可解なブログ・アクセス数増加(10/17のこと) »

家庭菜園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/12290965

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭菜園で畑の掘り起こし-トノサマガエル、トカゲの棲家?:

« やっと咲いた金木犀-強剪定のあとで | トップページ | 不可解なブログ・アクセス数増加(10/17のこと) »