« 便利な「Google カレンダー」を使っています | トップページ | 「錦市場で若冲を捜そう」に行ってみました »

2006年10月26日 (木)

カリンの実の落果

Dsc_02141  4月末に花をつけた我が家のカリン(詳細はこちら)が5月下旬には実をつけ始めていた(詳細はこちら)。

 カリンの実はどんな感じになるか、この年になるまで見たことがないので、早々と6月の段階で実を取ったら、家内におこられた。

 そのうち、段々実がりんごの大きさに大きくなって行ったが、晩秋(11月か)までは待たなければ、ということでじっと我慢をしていた。実が大きくなれば何個実が付いているかも数えやすくなってくる。花も少なかったので実も少ない。いま数えたら5個であった。早々実を摘んだものか2個程度なので、もし全部成長していれば7個程度になったであろう。

 11月までは我慢しなければと思っていたところ、今朝、地面を見ると、1個落果していた(写真)。一番小さいのが落ちていた。あと4個はこれからだ。

 カリンの実は、カリン酒かジャムにしかならないのだそうで、今年はカリン酒を造ってみようと思っている(来年はカリンは花をつけないらしいので次ぎのチャンスは再来年以降となろう)。今は、ネットで作り方を勉強しているところである。梅酒の時期と違ってお店には果実酒を造るための道具(ビン、酒など)が並んでいないのが面倒である。これからそろえなくては。

|

« 便利な「Google カレンダー」を使っています | トップページ | 「錦市場で若冲を捜そう」に行ってみました »

庭木」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/12433149

この記事へのトラックバック一覧です: カリンの実の落果:

« 便利な「Google カレンダー」を使っています | トップページ | 「錦市場で若冲を捜そう」に行ってみました »