« 家庭菜園の現状-8月後半 | トップページ | 我が家の畑に「キジバト」の訪問 »

2006年8月26日 (土)

初めてのXHTML+CSSでのWebサイト作り

 以前から「とんぼナックのHomePage」というサイト(もどき)を持っている。サイト作りもタグを覚えるのが面倒なので、HomePageBuilderなどのソフトに頼ってきたが、なかなか、こちらの思うようにはWebページが作成できないでいた。最低限使えればと思っていたが、世の中はどんどん規格が変わっていて、HTML4.01からXHTML+CSSへと移っているようである。

 レイアウトにしても、Tableを使ったレイアウトは今では古臭いというか、問題があるというようになってきている。しかし、世の中についていくにはしんどいなと思っていたが、この度XHTML+CSSを勉強できる機会ができたので勉強に参加した。といっても短い時間だけの勉強であったが、何とか入門には良かったようである。今まではTableタグをばりばりに使ってレイアウトをしてきたが、Tableタグをレイアウトに使わなくてコーディングができるかどうか心配だった。践してみるしかないということで、「シニア世代のいきいきセカンドライフ」というページとその関連のページについて、XHTML+CSSに近づけて書いてみた。

 一度でも教えてもらっていると言うことはたいしたもので、結構すらすら書いていけた。書いていったといっても一までのHTML4.01で書いていたものを変更するだけであるが。そうはいっても、私にとってはパラダイムシフトのような変更であった。しかし、それが比較的すらすらといけたと言うことである。

 その結果、Tableは一切使わなくてWebがかけた、と言いたいところであるが、結構まだTableを使っている。しかし、以前の様にTableを3つ4つ入れ子にしている、という状態は皆無になった。2つの入れ子も存在しない。

 こういう変更をしてなにがメリットになったかまだわからないが、少なくとも、Webサイトのメンテナンスはやりやすくなったということは感じている。今までは、最新情報を取り入れるだけでいやな思いもしてきたので、こんど、コーディングしたものをみていても、すっきりしている。本当のWebサイトとしての運用ができることを楽しみにしている。

 「シニア世代のいきいきセカンドライフ」にはアフィリエート情報も多く載せている。それらの中にXHTML1.0strict以上に未対応のものがたくさんあり、またコード変更を許可しない、ということなので、実際は「シニア世代のいきいきセカンドライフ」はXHTML transitional (即ちHTML4.01)でアップロードしている。

|

« 家庭菜園の現状-8月後半 | トップページ | 我が家の畑に「キジバト」の訪問 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/11615396

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのXHTML+CSSでのWebサイト作り:

« 家庭菜園の現状-8月後半 | トップページ | 我が家の畑に「キジバト」の訪問 »