« 朝顔展 | トップページ | 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ »

2006年8月 2日 (水)

植物園のメタセコイア-ヒノキの球果と比較

 今年の3月に球果(裸子植物の、特に松・杉などの針葉樹がつくる果実)が我が家に飛んできた。そのときは、知識がないもので、最初は、メタセコイアのものかと思ったが、メタセコイアはそこらに存在しているようなものではない。その後、それがヒノキのものであることが分かった(この辺は過去のブログ参照)。しかし、両者の球果は良く似ている。一度メタセコイアを見てみたいと思っていた。

 この前の日曜日に別の用事があって京都府立植物園に行った。目的の場所に向かっている途中にメタセコイアの大木を発見した。我が家でもヒノキの球果は今でも探せば見つかるような状態なので、メタセコイアの球果もあるに違いないと思って探すと、たくさんあった。形状は似ているものの、サイズは思ったよりかなり大きいものであった。これだけサイズが違うので、メタセコイアの球果を始めたら知っていれば、ヒノキの球果と取り違えることもなかったのにということである。ヒノキも近くにあり球果も落ちていたので、両者並べて写真を撮った。

 下の左の写真(クリックで拡大)の上がヒノキの球果、下がメタセコイアの球果。下の右の写真(クリックで拡大)がメタセコイアの葉。

Dsc_0219e1 Dsc_0092e1

|

« 朝顔展 | トップページ | 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/11205797

この記事へのトラックバック一覧です: 植物園のメタセコイア-ヒノキの球果と比較:

« 朝顔展 | トップページ | 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ »