« 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ | トップページ | 初めてのXHTML+CSSでのWebサイト作り »

2006年8月19日 (土)

家庭菜園の現状-8月後半

 梅雨の長雨があって、盛夏に突入し、世の中の野菜の価格も上昇したように、我が家の家庭菜園も、野菜類が元気が無く、ブログの更新もしたくなかったというところであるが、そろそろ野菜の状況も落ち着いて来たので、現状報告をすることにした。

 今の時期は、どこでも一緒であるが、キュウリ、トマト、ナスの収穫時期で、我が家も梅雨の長雨を乗り切って収穫できているが、そろそろお終いである。この1-2週間多忙で畑の面倒ができなく、ナスは、テントウムシダマシにやられて、無残な状況に陥った。来年は駆除をと思いながらも、テントウムシダマシ対策は今のところ無い。

 葉っぱの野菜類も、夏でも育つチンゲンサイ、キクナはこの暑い盛りに順調に生育している。

 そのほかは楽しみにしていたオクラである。これも順調そのもので、不思議に虫にもやられないで花をつけ実をつけてくれている。このところ4-5本ずつ収穫できているかというところである。ある葉っぱにアマガエルが一日中乗っかっていたり、葉っぱに白いものがかかっているのは何だろうと思っていたら、多分、鳥の糞であろうと想像され、一風変わった事件がいろいろあるものだと思って眺めながら収穫している。

 インゲンも初めて栽培している。この数日で花をつけた。これからどういう生育をして、インゲンができるのか、楽しみなところである。

 菜っ葉類は真夏の栽培はあまりなく、強いてあげれば、キャベツ、ブロッコリー、白菜などがある。家庭菜園歴、丁度1年経とうとしているものとしては、キャベツ、ブロッコリーを欠かすわけにはいかないということで、これらも、種まきをしたものを苗植えしたところである。少し早めに種まきし苗植えしたキャベツは、少しずつキャベツの格好をしてきたので、安心している、というかなんとなくうれしいものである。今後は、害虫対策が問題であるが、素人ながら試行錯誤でやるので、秋にはどんなものが取れるか少々不安もある。

 以上が、現状である。とにかく、真夏の端境期に、オクラが順調に収穫できていることだけは、ありがたいものである。味もお店で買うオクラとは違うものである。

|

« 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ | トップページ | 初めてのXHTML+CSSでのWebサイト作り »

家庭菜園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/11511104

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭菜園の現状-8月後半:

« 我が家に来るいろんな昆虫-特にハンミョウ | トップページ | 初めてのXHTML+CSSでのWebサイト作り »