« スズメの砂遊び | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う-FIFA対応について »

2006年7月10日 (月)

W杯決勝ジダンの退場に思う

 W杯も決勝が終わった。日本チーム、Z-Japanには期待できないということがその通りになってしまった。このことは、以前書き込みした。

 そして、昨日の未明、決勝を迎えた。イタリア-フランスの対決。スポーツ音痴の私の予想は、イタリアが勝つであろう。家内から聞かれた。じゃあ応援はイタリアなのと。いや応援は、フランス、と答えておいた。

 予想通りの、ガップリ4つの膠着した試合となった。いろんな点で、わが日本チーム、Z前監督も参考にして欲しいものだと思いながら見ていた。そして、最後の最後にアクシデント。ジダンの暴行である。始めは何があったのか、相手のM選手が倒れているだけの放映だったが、あとになって、ジダンの暴行のシーンがちゃんと映っていた。そして、M選手がなにやらジダンにささやいているシーンも。

 この諍い(いさかい)のことについては、ジダンも、M選手も何もしゃべっていない。何をM選手は言ったのか。今のところW杯決勝でのミステリーとして今後語り草になるシーンであろう。マラドーナの「神様の手」のように。

 ビデオを見ていて、状況証拠として、「M選手がなにやら言って、それにジダンが切れた」、と思わざるを得ない。それは確かであろう。また、M選手所属のイタリアの誰かが、M選手はジダンを退場させたから決勝戦のMVPである、ようなことも言っているので、たしかであろう。

 こういうやり取りを見て、なんと、この世界は、ダーディなのか、と思った。以前から、どこかサッカーが好きになれない、と、スポーツ音痴の私には、そういう気持ちがあった。特に、手を使ってはダメだ、というのが私の生理的感覚と相容れない、というのから来ているものであった。

 だけど、試合をやっている人は納得してやっているのだから、それはその範囲で楽しめるものであろう、特に、日本チームではなく、外国のチームだったら、面白いであろう、と思ったから決勝トーナメントもできるだけ見ていた。

 しかし、手は使わなければあとは何を使ってもいい、というルールの中に、「相手を怒らせるような言葉を吐いても良い」ということがこのサッカーにあるとは知らなかった。非常にダーティな世界があることが分かった。また、その言葉を吐いたM選手を、ジダンを退場させたので英雄であるというような暴言を許す世界であるとは。M選手にもレッド・カードを出すべきである(主審はM選手にもイェロー・カードは出したようだが、その理由は定かでない)。

 この「事件」後PK戦になるのは必死であろうと思った。PK戦になると、イタリアのGKが良いのでイタリアが勝つであろう、ということで、テレビを見ずに寝てしまった。起きてきて、スポーツ音痴でも当たったように、フランスの負けであった。

 後味の悪いW杯になってしまった。この1ヶ月、楽しめたというよりも、サッカーはルールからして、そして、わけの分からない前監督の采配からして、分からないことが多すぎる。違反の多すぎるダーティなスポーツであることだけはこの大会で実証されたのではなかろうか。スポーツというより、今はやりの格闘技といったほうが、スポーツ音痴の私にはピンとくる。舌戦OKの格闘技。なぜこんなスポーツに世界中が熱狂するのか、改めて不思議に思うようになってきた。 

(後記) NHKの報道によると、ジダンは出身のことを侮辱された、とのことである。今回のW杯は、各試合の前に、人種差別のしない、ということを各チームとも宣言していたのではないか。そのルールを破ったイタリアこそチームとしてレッド・カードではないか。優勝なんかありえないはずだ。また、FIFAが、そういう非現実味のないことを宣言させて、そしてそういう疑惑があってもなんら対応をしないFIFAこそおかしいのではなかろうか。そして付け加えるなら、FIFAランキングは何であろうか。どこかの国(J国)が17位(のあたり)、というのは何を意味するのか。そのランキングがあっているとはどうしても思えないのは素人だからであろうか。

|

« スズメの砂遊び | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う-FIFA対応について »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10883467

この記事へのトラックバック一覧です: W杯決勝ジダンの退場に思う:

« スズメの砂遊び | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う-FIFA対応について »