« 昔懐かしいトマトの初収穫 | トップページ | ダ・ヴィンチのヘリコプターの飛行風景 »

2006年7月16日 (日)

ダ・ヴィンチのヘリコプターの製作

Helicopter_r0010159_600_1  ダ・ヴィンチ・コードがベスト・セラーとなり、それが映画化もされた。このところダ・ヴィンチが大流行である。タイミングよく学研の「大人の科学」からVol.12として「レオナルド・ダ・ヴィンチのヘリコプター」が発売され、早速購入し作った。

 比較的簡単であったが、ステップを間違えると元に戻るのが大変であるので、思い込みをしないで、製作ステップの一字一句をかみしめながら製作した。1箇所記載ミスを発見した。そういう時には、こちらの推測で作っていくことになるが、それでよいかどうか分からないので心配の元になる。今回の記載ミスはイージー・ミスのようだったので、気楽ではあったが。

 集中すれば1時間もかからないものが、 毎日、夕食後一杯入った後でワン・ステップずつ作っていったので、日数だけは結構なものになった。

  作成後、実際に飛ばそうと思ったが、うまく飛ばない。しかし、マニュアルに書いてあるところを2箇所ぐらい調整してみたら、ヘリコプターは簡単に飛んでいった。一般に「大人の科学」シリーズは比較的に簡単にできるようである。何回か飛ばしてみたが、失敗なく無事飛んでくれた。

 昔から、ヘリコプターは作ってみたいと思っていたが、数十年前は10万円以上していたし、墜落したら、それで、10万円以上はパーになる、ということであきらめた。その後、私の郷里の近くの会社も、模型ヘリコプターを手がけて、数万円で買えるものであっても「離着陸」「空中静止」「旋回」「移動」といった3次元空間での姿勢コントロールがより正確に安定して行なえるようなものを発売している。

 そのようなものも面白いのでいつか買いたいが、ダ・ヴィンチの考えたものも、メカ的にはどんなものか、また、本題も含め2100円で発売しているものはどんなものかという好奇心から、まずは「大人の科学Vol.12」を発売即購入したのであった。ダ・ヴィンチの考えたもの自体は飛ばないものが、「ダ・ヴィンチの飛ばないヘリコプター(下の写真)」も作成するようになっていた。そして、それをヒントにして、飛ぶように考えたものが「大人の科学Vol.12」では「飛ぶヘリコプター(この頁のはじめの写真。上の写真)」として作成するようになっている、という構成である。

 「大人の科学Vol.12」では本の方でダ・ヴィンチ関連の記事も多いのでこれから読む予定である。「大人の科学」のシリーズでは、以前に「別冊 まるごと手作りスピーカーの本 」で、スピーカーを作って今でも使っているころを以前にホームページに書いたが、いろいろ、団塊世代も含め大人の、子供心をくすぐるものが多い。

Helicopter_r0010163_600

|

« 昔懐かしいトマトの初収穫 | トップページ | ダ・ヴィンチのヘリコプターの飛行風景 »

サイエンス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10962952

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチのヘリコプターの製作:

« 昔懐かしいトマトの初収穫 | トップページ | ダ・ヴィンチのヘリコプターの飛行風景 »