« 昨日に続きムクゲの花 | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う »

2006年7月10日 (月)

スズメの砂遊び

 昨年5月に引越してきたときには、トリがやって来るように巣箱でも設置しようかと思ったものである。しかしその必要はない。どんどんやってくる。ある意味では楽しませてもらっているともいえる。ウグイスも、姿は見えないものの未だにホーホケキョを奏でている。今日もしっかり鳴いていた。夏になってくるとその鳴き声もうるさいくらいになっている。 ヒヨドリも勢力を持っていて、結構うるさく鳴いている。

 当然、スズメも我が家の畑にやってくる。何を啄ばんでいるのかしばらく遊んだあとはお帰りになる。そこまでは良かったが、このところ、遊びにやってきて、砂遊びをするようになった。先日は、ジャガイモを収穫した畑の区画(0.7x2.5mの小さな区画)を掘り起こして、そのままにしておいた。家庭菜園の中でも一番砂地っぽい区画である。スズメがどうしてこんなに多いのだろうと思うほどやってきた。数えてみると20羽近くはいた。それが、その狭い区画で遊んでいた。そしてその結果、すり鉢状の「造形物」を制作して帰っていった。

Sparrow_r0010138m この前の土曜日に、その造形物も壊して、次ぎの野菜の栽培のために、堆肥、肥料を撒いて、畝も作って、畑を整備しておいた。そして今日のことになるが、早速スズメどもがやってきたらしい。やってきたらしい、というのはその姿を目撃していないからだ。しかし、例の砂遊びの結果の造形物という証拠はちゃんと残していた。畝の上の部分ではなく、区画の周縁の10cm程度傾斜になっている部分に連続して造形物を作っていた。数えてみると20個以上はあったので、20匹程度は集団でやってきたのか。なぜ砂遊びをするのか、そのわけが知りたいところである。

 今のところ、砂遊びをして、すり鉢の造形物を作るだけでは被害もましだが、そのうち、実のなる野菜類、果物類が増えたときは心配だ。その対策もいろいろ考える必要があろう。

|

« 昨日に続きムクゲの花 | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う »

家庭菜園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10872930

この記事へのトラックバック一覧です: スズメの砂遊び:

« 昨日に続きムクゲの花 | トップページ | W杯決勝ジダンの退場に思う »