« オカタツナミソウ(丘立浪草) | トップページ | ジャガイモに探り入れ »

2006年6月 5日 (月)

時ならぬ打上花火の鑑賞

 今の我が家に引越して1年たつ。大体のことは分かってきたが、夏のシーズンの打上花火については、我が家からは「音すれど姿見えず」という状態である。以前すんでいた伏見稲荷のあたりでは、宇治の花火大会の日には当然音すれど姿見えず、で自宅では音だけを何年も聞いたものだ。今の家に移ってきても、音すれど姿見えずの状態を何回か経験した。ネット検索しても京都のどこで花火大会をしているのかわからないのがほとんどであった。町内会などの花火大会でもやっているのであろうか。

 ところが、3日の土曜日には初めて打上花火が見えたのである。我が家から。方角を確認すると「京都国際会館」の方角であった。国際学会やその他の学会で、余興用に、打上花火をやることは聞いていた。しかし、実物は見たことがなかった。ネット検索すると、その日には「日本皮膚科学会」をやっていた(念の種お断りするが、この学会が行なった花火大会かどうかは定かでない)。

 久しぶりの実物の打上花火であった。以前見たのは20年近くも前の宇治の花火大会だったような気がする。それ以来である。我が家から鑑賞できるとは。そして、以前見たよりもずっと綺麗なバライエティに富んだ打上花火であり、結構楽しませてもらった。

 もし本当に京都国際会館での打上花火であったら、また、いつか鑑賞できる可能性が大きいので今後の楽しみにしておこう。今までにいろいろ写真を写したきたが、花火の写真は写したことがない。いつでも写せるように準備して、いざとなれば撮影だ。次はいつになるかな。

|

« オカタツナミソウ(丘立浪草) | トップページ | ジャガイモに探り入れ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chiemiさんへ。
いつもありがとうございます。
blogの基本は、気楽に、と思って
います。気楽過ぎて1ヶ月も
書き込みがないのは寂しいので
それは避けようかな、というスタンス
です。
今後の人生は、何事も
できるだけ楽しんで、で行こうかな
というところです。

投稿: とんぼナック | 2006年6月 7日 (水) 12:43

もう、打ち上げ花火ですか?
今日、此方は自然の打ち上げ花火、
雷が、どんどん低い音を鳴らして、
少し怖かったです。

ブログは、自分の楽しみでするのが
一番と考えています。
その域を超えるような、
負担や付き合いや時間量は、
体調や神経や他の現実世界の
仕事や楽しみを失うことと、
私は思います。

上手く言えなくて、
ごめんなさい。

投稿: chiemi | 2006年6月 6日 (火) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10398993

この記事へのトラックバック一覧です: 時ならぬ打上花火の鑑賞:

« オカタツナミソウ(丘立浪草) | トップページ | ジャガイモに探り入れ »