« 「赤色の竹とんぼ」-モミジの翼果 | トップページ | 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い »

2006年5月16日 (火)

我が家の庭木の同定-バイカウツギ

 我が家の庭には、前の住人が植えたと思われる樹木があって、住み始めて1年になるがまだ樹木の名前が分からないものがある。4月には「花梨」の木が同定された。しかし、どうも分からないのが少なくともあと2本ある。これらも花梨同様昨年から1年間気になっていた木である。

 名称が同定されにくい気ほど花の数が少ない。昨日書いたように、モミジでも花をたくさんつけるのに。庭の手入れが十分ではないためであろうか。このように勢い良くは花が咲かないので、まだかまだかと待っている状態である。待っているときに限って天候が不順で、蕾はあるのに開花が遅れる。

 そうしているうちに、ついに、名称不明な木の花が一輪、わずか開花を始めた。花梨の時と同じように早速花を摘んで、図鑑とにらっめこする。花はウメの花に似ている。しかし、ウメであるはずがない。ウツギ(空木)の可能性があると家内はいっているが、ウツギとも違う。しかし図鑑でウツギが紹介されている近くに摘んだ花そっくりの写真が眼に入った。「バイカウツギ」であった。花びらの数もウツギ5枚に対して、バイカウツギは4枚で一緒であった。葉っぱもそっくりである。

 こうして、1年間のささやかな謎がまたしても解決した。昨日、定期購読している「NHK趣味の園芸」の6月号が届いた。「庭で咲かせたいウツギの仲間」という記事があった。Good timing! バイカウツギ属も紹介してあった。何よりも良かったのは「花をたくさん咲かせるためのテクニック」というページがあることであった。花が少なくて、ぼやいていたので、丁度よい、いうことで、今後記事をしっかり読んで勉強だ。名前の同定ができて一件落着と思いきや、また、仕事が増えてしまった。

 図鑑ではバイカウツギの花期は6-7月、と書いてあるのでこれからたくさん咲く可能性もある。楽しみにはするが、今の蕾の数からしたら、期待はずれになるかもしれない。

摘んだ花(+葉)の写真です。木についている写真はまた後日。

Baikautugi_0181m

|

« 「赤色の竹とんぼ」-モミジの翼果 | トップページ | 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い »

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

soraironotaneさま。とんぼナックです。
我が家のバイカウツギの枝は結構背が高く、しかも蕾はその先にわずかしかありません。残念ながら、においを楽しむというところまでは。数年かけて若返りをしなければ、という感じです。

投稿: とんぼナック | 2006年5月19日 (金) 07:30

こんばんは。
たぶんバイカウツギですね。とても甘い香りがしませんか。鉢植えで、うちにもあります。
↓モミジの花ですが、私が撮ったものがあります。メールでお届けしようと思っていました。咲き始めが特にかわいいです。

投稿: soraironotane | 2006年5月18日 (木) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10099621

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の庭木の同定-バイカウツギ:

« 「赤色の竹とんぼ」-モミジの翼果 | トップページ | 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い »