« 「鷺森神社四季折々」に「新緑」の写真をUploadしました | トップページ | 家庭菜園・ガーデニング-日差しが強くなってきました »

2006年5月 8日 (月)

ニホンアマガエルの今日の出来事-生ゴミ堆肥作成予定の穴に落ち込む

 我が家の敷地内にはいくつかの生き物が紛れ込んでくる。これまでに判明したものでは、アマガエル(ニホンアマガエル)、トカゲ、沢蟹などである。

 アマガエルについては、紛れ込んでくるのではなく、生息しているような感じもするが、いろんなところで思いもかけない動きをする。昨年は、玄関のドアの上側に座って、ドアを開けようがどうしようが動きもしなかった。また、昨年夏には、南側の窓のサッシに飛び乗ったまま、熱さのせいで焼け死んだものもいた。この話は、「とんぼナックのホームページ」の中のエッセイで、拙い文章をかいているので興味あれば見ていただきたい。

 このゴ゜ールデンウィークも小さい沢蟹が歩いているのを目撃した。すぐそばに小さな川が流れているので、そこから「遠征」してきたものかもしれない。我が家の敷地まで来て迷子になったら、生きるすべもないのにと思っていたが、小川がある方向に行ってくれたので一安心した。

 今日は、情けないアマガエルの生態をみつけ悲しくなった。我が家の畑では今後、生ゴミ堆肥を用いて家庭菜園に使用することを考えている。そのため、畑内に堆肥作成用の穴を設けている。昨年はその穴に直接生ゴミを入れていくということをやっていたが、やはり臭いのでやめていた。数ヶ月前に、どの情報かは忘れたが(新聞で記事を見たのかもしれない)、EM菌というものがあって、それを用いると生ゴミ堆肥を簡単に作れる、ということが書いてあった。それに興味を持ち、EM菌処理の生ゴミ堆肥の作成をしている。一次発酵としてはバケツでEM菌処理の生ゴミ堆肥を作成するのであるが、二次発酵としてはその後、土の中でしばらく発酵させる、ということを考えて、そのための穴を畑内に設けていた。家内の話では、我が家の生ゴミの出方が結構すごいので、もっともっと穴を作る必要があるとのことで、二次発酵用の予定の穴を追加で2つ用意していた。単に穴を掘っただけのものである。それでも高さは30cm程度であろうか、穴の直径も30cm程度であろう。この穴で我が家の生ゴミは処理できるであろうと思い、生ゴミ(EM菌処理の)を入れる日を楽しみ(??)にしていた。

 生ゴミ用の穴は準備できたが、実際全部を使用するのは時間がかかる、というのが現状穴はぽっかり開いたままであった。

 今日、何気なしに、生ゴミ用の穴を覗いてみたところ、なんと、ニホンアマカズエルが、穴の中で、ジャンプを繰り返しているではないか。本当に、オモチャが穴の中でジャンプしている雰囲気であった。休むことなく次々にジャンプして。アマガエルにとっては、落とし穴に入ったようなもので、必死であったのであろう。また、発見したのもその穴に落ちてまもなくであったのであろう。そうでなければ疲れてしまって、そんなに何回もジャンプを繰り返すこともないであろう。なんともいえない哀れさを感じたものであった。「とんぼナックのホームページ」の中のエッセイに書いた「灼熱地獄で焼け死んだアマガエル」とそんなには違わない哀れさを感じさせるアマガエルであった。

 穴からすくってやって、「地上」に戻してやった。どこかに行った。行き先は知らない。

 このように、ドジなアマガエルをいくつか、また、そのパターンをかえて見るたびに、人間社会の勝ち組、負け組みのことが連想されてくる。明らかに、我が家の畑にいるアマガエルは負け組みの姿をまざまざと見せてくれた。アマガエルの件があってからしばらくしてまた畑に出てみた。今度はトカゲが2匹喧嘩していた。このトカゲが穴に落ちたらどうなったであろうか、と思ってみていた。こいつらは、穴の壁を伝って穴の外にでていけるよ、と思った。トカゲは勝ち組の要素を持っている。アマガエルはそういう要素がないので悲しい。アマガエルもじっくり壁を伝わっていったら穴から出られたと思うが、考えが及ばなかったのであろうか。「とんぼナックのホームページ」の中のエッセイに書いたアマガエルも逃げようとすれば逃げられたのにどうして逃げなかったのか、よく分からない。やはり負け組みと言われるようなものに対しては救いの手が必要であるよ。そういう世の中が生物学的に普通の世の中だと思う。決して強者生存が「生物学的に普通」の世の中ではない、人間も、精神的にそんなに強いものでもない。今の世の中(そして現政権のやり方)はそういう認識が欠けた人工的な世の中をつくり、そして、ますます人工的な(あるいは「ゲーム的」な)体制をとりつつあるのではなかろうか。そういう世の中には私も住めない。

|

« 「鷺森神社四季折々」に「新緑」の写真をUploadしました | トップページ | 家庭菜園・ガーデニング-日差しが強くなってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/9962886

この記事へのトラックバック一覧です: ニホンアマガエルの今日の出来事-生ゴミ堆肥作成予定の穴に落ち込む:

« 「鷺森神社四季折々」に「新緑」の写真をUploadしました | トップページ | 家庭菜園・ガーデニング-日差しが強くなってきました »