« ホウレンソウの収穫-我が家の家庭菜園 | トップページ | オカタツナミソウ(丘立浪草) »

2006年5月25日 (木)

実をつけそうもない我が家の果樹

 昨年今の家に引越した時には、実のなる木はほとんどなかった。今から思えば、最近、同定した花梨くらいのものであった。庭木を増やすことにして昨年9月頃に何本か低い木を購入した。そのときに選んだものは、「グミ」、「サン・プルーン」である。今年3月には、追加して「ブラックベリー」を植えた。「ウスラウメ」は買わなかった。

 購入した果樹にはそれぞれにわずかながらも思いがあるもにばかりである。

 始めに、グミである。このところの梅雨模様の中、卯の花(空木)が花を咲かせた。まさに梅雨時分の木で、ブログにも書いたように、カタツムリのおまけまで付いてきた。今日は、そのカタツムリは見かけない。どこに行ったのであろうか。雨がふればまた帰ってくる、と思う。今日は、卯の花の近くの塀の上を、トカゲがゆっくり歩いていた。今日は晴れなのでトカゲの出番だったのだろう。

 卯の花の頃、梅雨時分の思い出として、小学生のときは(今から50年近くも前のことだ)、私の田舎(広島県)でユスランメとかビービーといっていたものを他人の家から拝借していただくという楽しみがあった。しかしそれは良くないことなので、食べると赤痢になるよ、とか故ないことをいわれてきた。そういうものを50年近く経った今再び味わいたいものだという気持ちがあった。

 ユスランメとは訛りかどうか、正確にはユスラウメらしい。ビービーとなんだ、とこの年になるまで分からなかった。ユスランメのことだろうと思い込んでいた。ビービーも地方の訛りかと思っていた。大阪育ちの家内もそんな単語は知らないとのことだったので。便利が良いもので、ネットで調べると、ビービーという言い方は私の田舎以外にもあるらしい。いずれにしてもビービーはグミのことだった。ウスラウメはたべるところが少ないので家内との合意で止めにし、グミを昨秋植えた。

 プルーンは、昔、ハンガリーに行ったとき(そのときはまだ、共産圏の国だったときであるが)、地方のワイン・セラーを訪問するツアーがあった。そのあたりはヨーロッパの田舎の風情であった。ワイン・セラーの近くに、一本の木があって青紫の実が鈴なりになっていた。その景色はすがすがしいものであった。その木が何か分からない。しかしプルーンだったらその景色を思い起こさせてくれるであろうという思いで、サン・プルーンの木を購入した。

 ブラックベリーの思い出は、私がカナダにすんでいたときの思い出である。食事のときに結構フルーツをもったものがデザートとして出てくる。そんなに高価なものではないが貧しい日本人の私としては高価に思える。その中で気にいたものはブラックベリーがあった。ブルーベリーも美味しかったがブルーベリーは今では結構一般的になっている。ことしの3月ごろ園芸店で庭木を探しているときにブラックベリーを見つけ、早速購入した。

 こうして、3本の果樹を植えたが、この春からの経過報告としては、グミにのみ花が付いた。その写真を撮るのを忘れた。可憐な白い花であった。しかし、その後、実が付いていない。プルーンは花そのものが咲いていない。実が付くはずは無い。ブラックベリーは花が6-7月とか。しかし花芽が付く兆しも無い(花は咲かなくても虫は付いているが)。

 いずれの果樹もどうも今年は期待できそうに無い。家庭菜園を昨秋から始めて、肥料その他、いろいろ勉強した。果樹、庭木については、それ以前に我流で地植えしてきた。家庭菜園も果樹、庭木も似ているところがある。土作りが大切、肥料も必要分は入れなければ、などなどである。それらを無視しては果樹も実らないのかもしれない。果樹が実るようになっても、鳥の害など、悩みは尽きないが。

 

|

« ホウレンソウの収穫-我が家の家庭菜園 | トップページ | オカタツナミソウ(丘立浪草) »

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chiemiさん。
確かに不作、豊作はあるでしょうね。
今朝ブラックベリーを見に行ったところ、花芽が1つですが出ていました。まだ楽しみは残っているようです。

投稿: とんぼナック | 2006年5月26日 (金) 08:36

実のなるものは、豊作年とお休みの年がある気がします。
我が家にも、葡萄とか、ミカンとかありますが、今年は葉の勢いは良いのですが・・・です。
昨年豊作だったから、今年は無理かな・・・

投稿: chiemi | 2006年5月26日 (金) 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10235721

この記事へのトラックバック一覧です: 実をつけそうもない我が家の果樹:

« ホウレンソウの収穫-我が家の家庭菜園 | トップページ | オカタツナミソウ(丘立浪草) »