« 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い | トップページ | 我が家の花梨が実をつけました »

2006年5月20日 (土)

卯の花にカタツムリ

 このところ梅雨の走りのような雨が続いていた。我が家にも卯の花(バイカウツギ)があることがわかったが、その同定は開花しかかっている花でしたが、ちゃんと開花した卯の花の花は見ていなかった。

 今日数少ない蕾のいくつかが開花した。その写真を今日は載せた。台風崩れの雨が降ったりやんだりしている合間に写真を撮ったので、花は濡れ濡れである。丁度この雨が「卯の花くたし」の雨であろうと思うような天候であった。

 我が家はいくつも庭木があるが、なせがこの卯の花のみに、カタツムリが一匹訪問してくれている。その写真も取ったので載せた。なぜ一匹だけなのか、なぜ卯の花にだけなのか定かではない。しかし、「卯の花くたし」の雨のもとで、カタツムリが元気にうごめいているという風情はなんといえないものであった。

 バイカウツギのそばにもう一本木があって、それもまだ同定できない木である。枝の雰囲気などは、バイカウツギに似ているのであるが、葉脈がバイカウツギとは明らかの異なっている。異なってはいるが、バイカウツギの仲間であろうと思わせるものである。一番困ることは、その木にはいまだに花が付かないのである。花という決定的な証拠がないが今のところほとんど「ウツギ」と同定しても大丈夫であろうという感。そういうことで、我が家には、梅雨時分の木であるウツギとバイカウツギの2つ、それと、カタツムリ、があること(いること)になった。

 ウツギであることを最終確認するにはゲノム解析が一番ではあろうが、そういう技術もないので(また、委託もできないので)、当面は、枝の剪定で木を若返らせて花で同定することしかない。先日も書いたようにバイカウツギの方も若返らしてもっともっとカタツムリがくるようにしたいものだ。

バイカウツギ

カタツムリ

|

« 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い | トップページ | 我が家の花梨が実をつけました »

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/10152868

この記事へのトラックバック一覧です: 卯の花にカタツムリ:

« 我が家の木にバイカウツギがあることが分かってからの思い | トップページ | 我が家の花梨が実をつけました »