« 最終段階の花粉症シーズン-今年の花粉症対策を振り返って | トップページ | 我が家にセコイアメスギの球果の飛来か? »

2006年3月27日 (月)

我が家の春の園芸

 3月になって園芸店に春の花がたくさん出回るようになった。昨年夏に今の家に引越してきて、初心者として家庭菜園を始めたし、敷地内の草木の同定などをやったきた。しかし、フラワー関係の園芸としては玄関先にペチュリア、パンジーを植えるとか、あるいはささやかながらアジサイ、アサガオなどを植えるのみであった。

 引越してそろそろ一年になろうとしているので、そろそろ春の花にチャレンジしようと思い立った。2軒の園芸店を物色し何でもよいから購入して「花園」でもできればと思い、思いつくまま購入し、鉢植えあるいは庭植えした。購入したものの一部については写真を載せておいた。

 新たに購入したものは、ロベルナ、アレナリアモンタナ、ネメシア、クレマチス・モンタナ、ナデシコ、藤、コデマリ、紅梅、スミダの花火という名をつけられたアジサイ、クレソンである。

 ロベルナ、アレナリアモンタナ、ネメシアなどは、初心者としては始めて名前を聞くもので、横文字がなかなか覚えられない。これらは鉢植えして完了した。

 クレマチス・モンタナについては、今月号のNHK趣味の園芸で紹介してあったのに感動して購入したものである。いずれ、蔓が延びてくれば、ガーデニング用のゲートを設置していこうという予定である。

 クレソンについては水辺でないといけないということであるが、苗を売っていたので試しに購入し鉢植えしてみた。どうなることか。

 コデマリについては敷地内に以前から似たようなものがあり、最初コデマリかと思ったが、花を精査し最終的には「シモツケ」と同定したものがある。それとの比較でコデマリをと思ったのがそもそのであるが、やはりコデマリもかわいいのでついつい手が出たというのが本音かもしれない。

 紅梅についてはもともと敷地内に植えようと思って、昨年から物色していたのであるが、園芸店にはほとんど置いてなくて、あったとしても、花が咲いていなかったので手が出なかったのが、やっと梅の季節になって(少々遅いが)購入した次第である。花が散ったら庭植えする予定である。

 以上が苗、樹木として購入したものである。あとは、タネとして、アサガオ(垣根用および競技会用)、キキョウ、ヒマワリを購入しており、4月下旬-5月の種蒔きシーズンを待っている。

 1週間前に『「源氏・拾花春秋―源氏物語をいける」の中の草花と木々』という書き込みをしているが、ナデシコ、藤、紅梅が「源氏・拾花春秋―源氏物語をいける」に記載されている。タネとしては、アサガオ、キキョウがその本に記載されている。

r00100251

(上段左より)ロベルナ、ロベルナ、藤、(下段左より)コデマリ、紅梅、アレナリアモンタナ、(花壇の外)ネメシア

|

« 最終段階の花粉症シーズン-今年の花粉症対策を振り返って | トップページ | 我が家にセコイアメスギの球果の飛来か? »

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/9279086

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の春の園芸:

« 最終段階の花粉症シーズン-今年の花粉症対策を振り返って | トップページ | 我が家にセコイアメスギの球果の飛来か? »