« 花粉症の最悪月間が始まった | トップページ | 広がってきた趣味-堆肥作り、家庭菜園、料理-今年の抱負 »

2006年3月15日 (水)

ピラカンサにヒヨドリの来訪

 昨年新居に引越しして、新居の敷地内にいろんな草木、樹木があることをあらためて認識した。そして、その名前の同定を昨年夏、秋に行なっていたことは以前このブログにも記載した。そのなかで、なかなか名前が判明しなかったのはピラカンサである。昨秋のいつか園芸店でみていたら、家の庭に植わっているのに近いものを見つけた。近いといってもどこか違う雰囲気であった。しかし、とりあえず園芸店でその名前を控えておいた。「ときわさんざし(ピラカンサ)」であった。しかし、じっくりと見ていてやはり別物と思って、ときわさんざし(ピラカンサ)を手がかりにインターネットで探していたところ、家の庭のものとそっくりのものがでてきた。同じ「ピラカンサ」であった。一瞬ときわさんざしとは違うのにと思ったが、インターネットで書いてあるピラカンサは、「たちばなもどき」と書いてあった。たちばなもどきの方のピラカンサであった。ときわさんざしとたちばなもどきはどちらもピラカンサではあるがどこか違うと思ったものの致し方ない。

 家のピラカンサはもともと実は黄色だったが(従って「橘もどき」とつけられたのだろうか)、次第に赤色を増していった。冬は、樹木にも花も実もつかないので、このピラカンサのみが赤色濃く、周囲に存在感を増していた。結構長々と存在を主張していた。この実も温かくなったら実を落としていくのだろう。いつごろどういう風に実を落としていくのだろうか、と思っていた。

 今年は冬は寒く、鳥の声も久しく途絶えていた。今年は2月からぽかぽかと暖かい日があって、次第に少しずつ鳥の声も聞けるようになって来た。我が家にも鳥がやってきているようで、春も近いものと思っていた。

 ある日、家内が声を上げて、鳥がピラカンサを食べている、と。私も外をみると楽しそうに食べている。どこまで食べるか食べさせてやればと思った。ナンテンの実がやはり鳥の害にあうので近所でも実にネットをして防止しているところも多い。しかし、近くにはピラカンサは見かけないので一般に対策をしているのかどうか。バラ科なので対策するには難しい木であるのは確かである。

 その後も何回もそのトリがピラカンサを食べにきている。トリの名前の同定をしなければと思い、簡単な図鑑を購入して調べたら「ヒヨドリ」であった。鵯越という言葉は知っていたので珍しい鳥が来ているものだと思ったが、インターネットで調べると一般的な普通のトリとのことでがっかりした。このトリがヒヨドリだと同定する前に、家の近くの林の方から「カッコウ、カッコウ」と鳴いている声を聞いたような気がしていた。カッコウもいるものだと思っていたので素人の私にはいろいろと期待が膨らんでいた。ピラカンサを啄ばむトリも珍しいものかなと期待していた分だけ少々がっかりであった。

 とにかく、写真は撮っているのでのせたいと思う。少々ピンボケっぽいが。

 たちばなもどきの実はほとんどヒヨドリに食い尽くされたようである。

dsc_00042edit2

dsc_00052edit2

|

« 花粉症の最悪月間が始まった | トップページ | 広がってきた趣味-堆肥作り、家庭菜園、料理-今年の抱負 »

エッセイ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/9098448

この記事へのトラックバック一覧です: ピラカンサにヒヨドリの来訪:

« 花粉症の最悪月間が始まった | トップページ | 広がってきた趣味-堆肥作り、家庭菜園、料理-今年の抱負 »