« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の2件の記事

2005年12月28日 (水)

借り物のNHK紅白歌合戦

 今年もいよいよNHK紅白歌合戦が近づいてきた。毎年視聴率の低迷で、今年はどうなるか、また50代半ば過ぎた私には、また知らない歌手が知らない歌をうたい、ヒット曲のないNHKお抱えの歌手(NHK歌番組ででてくる決まり決まった歌手たち)が古い歌を歌うので何も面白くはない番組になっている。

 今年の場合は、NHKの不祥事で、NHKも背水の陣でくるのであろうと思っていた。また、そうしなければ、紅白歌合戦も「プロシェクトX」と同じように消えていく運命になるであろう。

 そういうことで、今年の出場者についてはどういうことになるのか興味があった。しかし歌手については相変わらず知らない若い歌手と古い歌手のオンパレードとなった。若い歌手なんか紅白歌合戦初出場という人もいるが、紅白歌合戦初出場というよりかはNHKの番組初出場といったほうがよさそうな人も結構いるのではなかろうか。NHKが独自のコンセプトを持って番組作りをしているとは思われない。借り物の歌番組と思ってしまう。

 それに輪をかけたのがみのもんたの採用である。みのもんたがNHKの番組をやっているのをみた記憶がない。「朝ズバ」とか「ちょっと奥さん」とか「残ねーん」をNHKの歌番組でやってもらいたいのであろうか。

 そこまで決まったときにブログに文句でもかきたくなったものだが、ちょうど風邪(インフルエンザ?)を引いていて、ブログの書き込みが出来ないまま年末になってしまったのであるが、昨日のニュースであろうか、助っ人の登場人物が発表された。アンガールズ、アンジャッシュ、南海キャンディーズ、ヒロシ、まちゃまちゃ、安田大サーカスである。ここまでくると開いた口がふさがらない。NHKはどこまで「盗作」をやろうとしているのであろうか。これらの若手お笑い6組はいずれもNHKが育てたような人ではないでしょうといいたくなる。

 こうして、今年のNHK紅白歌合戦は、司会から、歌手から、助っ人に至るまで、「総借り物番組」の感じがしてきた。こういう番組づくりをしていて人気がでるはずがないと思うのであるが、いかがであろうか。

 今日「プロシェクトX」の特別番組をやっていた。一度見たかったのは、「紅白歌合戦を作った人たち」という「プロシェクトX」である。どのように、借り物のの歌番組を苦労してつくったか、その努力の物語をききたかった。また、スケジュール調整などで芸能人にいかに残酷なことをやってきたか、という「努力」も聞きたかった。残念ながらそれも見れないまま「プロシェクトX」が終了してしまった。

 ただ、アンガールズ、南海キャンディーズ、ヒロシなどかでるのは面白い。どうなることか。NHKの締め付けでいつもの個性が出せないまま終わってしまうということがないように祈るだけである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

寒波とホームページ更新

 このところ、ブログはご無沙汰であった。Web制作関係の勉強で時間をとられたり、風邪(インフルエンザ?)を引いたりして、考える余裕も失っていた。

 その間に、私の住んでいる京都でも、12月で3回の積雪があり、私の住んでいるのは京都市内であるが、そのなかでも北部なので、まるで雪国のような状態である。今年の冬の長期予報は暖冬ということであったが、いつも予報の反対を考えていれば間違いが少ない。したがって、今年の冬は寒いだろうな、と思っていたが、それ以上の寒さになってしまった。

とうとう気象庁も長期予報を変更して寒い冬になるとの予報(?)である(もうすでに半端じゃないくらい寒いのであるが)。あまのじゃくの私としては、いつも長期予報の反対を考えるので、気象庁が寒い冬と言ったからには逆に来年の1-2月は暖かくなると思っている。そのほうが安全かもしれない。

気象庁は、国交省の管轄であるそうである。長期予報があまり当たらないということや、耐震偽装の事前チェックが出来ていないという失態を繰り返しており、国交省自体が、総反省の時期にきているのではなかろうか。そもそも天気予報が当たらないというのは税金のムダ使いでもあり、無用な作業に税金を使ってほしくない。また人命にかかわるだけに由々しき事態だと予報が外れるたびに思っている。

 そういう寒い中、Web制作関係の勉強もしていて、今の私のホームページも久しぶりで更新することになった。コンテントは同じであるが、外観に変更を少し加えた。まだまだ出来の悪いサイトであるが、もし興味あれば、一度、訪問してやってくださいませ(http://homepage1.nifty.com/tombonak/index.htm)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »