« はじめての家庭菜園-格闘記録と初収穫 | トップページ | 若葉マークの家庭菜園とシイタケ栽培 »

2005年10月13日 (木)

引越ししていつも聞かれる質問

 今年5月に新居に引越して5ヶ月たったが、いつも聞かれる質問が2つある。ひとつは商品の配達時に家の場所を聞かれることと、もうひとつは電話番号のことである。

 まず、配達時に家の場所を聞かれることであるが、世の中には詳細な地図が販売されており、居住者の苗字を地図に割り当てているものがある。どこがどう販売しているものか知らないが。問題はその地図に我が家が載っていないことである。新規造成地ではなく、土地の区画は以前からあったが、しばらくの間空き家同然だったので、地図上では我が家には苗字を割り当ててなく空白になっているのである。

 配達を依頼した場合にはいつも電話がかかってくる。ひどいのになると、どういう家ですか、アパートですか、マンションですか、一戸建てですかといきなり家の素性を詳細に聞いてきてびっくりする。何を知りたいのかと思ってしまう。個人情報保護法が施行されているにそういう個人情報をなぜ聞いてくるのかとその感覚を疑ったりもする。いぶかしがられているという気持ちになりいやな思いもしたこともあった。そのうち、配達する人も大変なのだとわかり、そういう質問に対しては、お隣さんが何々さん、反対側のお隣さんが何々さん、お向かいが何々さんと、周辺の何軒かの苗字を連呼するようになった。それで初めてわかってくれる人も多く面倒なものだ。引越しして何ヶ月もたつのにまだ地図が更新されないのか、いつになったら更新してくれるのか、と思いながらもこれも個人情報なので我慢するしかないと思ったりもする。個人情報保護法が施行されたので、もし今後このような地図は販売されない、あるいは更新されないとなるとずっとこのままで、やはり面倒だと思ったりもする。

 それに拍車をかけて問題なのは、住所の番地では家が同定しにくいということである。つまり、番地の順番には家が並んでいないということである。なぜそうなるのか、さっぱりわからないが、太平洋戦争で空襲を受けていない町なので更地にはならなかったのも原因のひとつかもしれない。こういう場合は、苗字を記載した地図に同時に番地の数字も記載してくれるほうがずっとわかりやすいと思う。なぜ記載されていないのかも不思議に思われる。1970年代にカナダのトロントに住んだことがある。そこでは家自体に番地が記載してある。どの家でも家の外壁に番地を書いたものを貼り付けてある。その数字だけ辿っていけば間違うことなく住所にかいてある家にたどりつけるという次第だ。日本でも法律で義務づけたらどうだろうかと思う。国会議員や地方議員は外国視察がお好きなようであるが、そういうことを勉強することはないのであろうか。日本もIT化にともない生活圏が拡大しているので、そういうことも真剣に考える必要がでてくるのではなかろうか。

 そういうときに、先日うまく家を探し当ててくる配達担当の赤帽さんがいた。地図を見たら私の苗字がなかったので、空白のところがそうではなかろうかと思ってきたら、表札に私の苗字がかいてあり辿りついた、ということである。日本に住む限りこれぐらいの推理を働かせてないと商売にならない、ということであろうか。こういう賢い赤帽さんがいてほっとしたものである。

 もうひとつの受ける質問は電話番号である。新居に引越しするのを機会に、固定電話は契約しないでひかり電話(NTTの光ファイバー網を使ったIP電話)にしようと考えていた。5月が引越しであり、その当時光ファイバーは開通していたが、ひかり電話が使用可能になるのはもうすこし遅くなるということであった。その間はプロバイダー提供のIP電話を使用した。6月下旬になり、無事ひかり電話が開通した。

 ひかり電話では市外局番は固定電話の市外局番と同じものが使えるので安心していた。しかし、近くのお店で物を購入したときや、何か連絡をしてもらうのにひかり電話の番号を伝えると必ずといってよいほど質問が来る。市内局番が○○○とはどうしてですか、この地域では市内局番はだいたい△△△となっているのですが、という質問である。ひかり電話にした時に△△△の市内局番はもらえなかったのですと説明すると納得してもらえる。しかし、毎回その説明をするのが面倒なのである。固定電話を契約しているときに、固定電話を廃止しひかり電話にする、というのであれば、固定電話で使用していた市内局番や4桁の電話番号をそのまま継続してひかり電話でも使用できるが、固定電話を契約せずにひかり電話をつけた場合は固定電話風の市内局番がもらえないのだった。説明すると納得してくれるのでややこしくはないのであるが、商売する人はこういうことまで気にしているのか、と当たり前とはいえ、直接には客相手の商売をしていなかったものとしては感心する面もある。

 そういう話とは反対の話も2つほど経験した。ひかり電話が開通するまでプロバイダーのIP電話を利用していたときのことである。そのIP電話の番号は市外局番に相当する部分が050となっている。文房具の通信販売のサイトで生じたトラブルである。自宅電話番号を入力する画面で050から始まる番号を入力したが拒絶されて注文すら受け付けてくれなかった。今でも固定電話に拘る会社とはどういうものかと思ったが、商売したくないらしい会社なのでそのままにした。ひかり電話にしてから再びそのサイトにアクセスしてみた。自宅電話番号にひかり電話番号を入力した。今度は注文が通った。ひかり電話もIP電話なのになぜ今度はOKなのかという感じを持った。相変わらず変な会社であることは確かである。

 もうひとつのケースは、5月か6月にある携帯会社に住所変更の登録をしたときのことである。電話番号の変更も必要になるので自宅電話番号としてIP電話番号を伝えたら、それダメとのこと。固定電話の番号でなければいけないらしい。自宅にはそのIP電話番号しかないと話してもダメの一本やりで、会社の電話番号とか何かないかということであった。そこで、もうすぐ退職するがその会社の電話番号でもよいかというとなぜかOKになった。固定電話神話の虜になっている携帯会社、ということで、携帯会社としては自立できない会社だなと思った。落ち目の会社になるしかない会社だなと思った。実際その会社の業績は良くない。

 以上、引越ししてのいくつかの話題である。いくつか理解に苦しむことがあり、ささやかなものでもこういう改革が出来ないといずれ取り残されているのであろうなと思った。

□□□

|

« はじめての家庭菜園-格闘記録と初収穫 | トップページ | 若葉マークの家庭菜園とシイタケ栽培 »

エッセイ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/6381232

この記事へのトラックバック一覧です: 引越ししていつも聞かれる質問:

« はじめての家庭菜園-格闘記録と初収穫 | トップページ | 若葉マークの家庭菜園とシイタケ栽培 »