« 住所・氏名をしゃべるインコのチロたん | トップページ | 秘太刀 馬の骨(最終回)の感想 »

2005年9月26日 (月)

新居のグリーンカーテン化とサル出没情報

 今年3月新居が完成し、5月連休に引越してきた。その経緯については「とんぼナックの新居建築の記」に記載した。

 新居の建築で大切にしたのは、高断熱・高気密の家ということであった。地元の工務店と相談していたとき、「次世代省エネ基準」をクリアすることをお願いしたのに対してどこの工務店も相手にしてくれなかった。「公庫基準」はクリアするのがせいぜいで、その間の等級である「新省エネ基準」すら満たしてくれなかった。大手ハウスメーカーの中でもせいぜい新省エネ基準で次世代省エネ基準は無理だというところもあった。結果的に、次世代省エネ基準を満たしていないところはご遠慮願うことになったが、こうして新築した次世代省エネ基準の家がこの夏快適であったかどうか、が一番心配なところであった。今年の夏は暑い夏ではあったが、最高気温も京都にしては36℃台どまりで、覚悟していた38℃までは至らなかった。家の中も高断熱・高気密であるせいか室内温度はさほど変化がなく、外気温が36℃台であっても壁焼けすることもなく、したがって、夕方のある我慢できない暑苦しさ(室内での話)を経験することもなく彼岸を迎えた。そしてクーラーをつけることほとんどなかった(寝室は別である)。引越しする前にすんでいた家では「とんぼナックの新居建築の記」に記載したように毎年暑さでうだっていたのとは大違いであった。

これですべてが万々歳であったかというと、すこし心配がある。外気温がもう一段高かった場合は部屋によっては暑苦しさを感じていたと思われる。どういうことかというと、敷地内には何本もの植木が植わっている。これは30年以上前から植わっているもので、モクレンにいたっては相当の高木になってきていた。そういう植木が近くにある部屋と、近くに植木がない部屋とで凌ぎやすさがどうやら違いそうなのである。近くに植木がない部屋では外気温が38℃にもなるとそうとか暑苦しくなりそうだ。

 今年の夏もニュースその他で、都会のヒートアイランド現象の対策としてグリーンのカーテン化の試みが報道されていた。グリーンのカーテンとはつる性植物のカーテンのことらしい。近所を見渡すとそういうカーテンを儲けている家もあった。しかし、そういうカーテンについては来年また考えるとして、近くに植木がない部屋については、一種のグリーンのカーテン化として早く植樹をしなければ、ということになった。彼岸過ぎるまでは植樹には適さないし、園芸店に出向いてもめぼしいものはおいていない。したがって、彼岸まで待って植木を購入した。造園家であったらどこに何を植えてということをいろいろ考えるのであろうが、園芸店においてあるもので、適当に、本当に適当に数本選んだ。それが、ハナミズキ、ヨシノザクラ、プルーンとビックリグミであった。なんという組み合わせか、まあそれは言わないことにした。このように第一弾の手当ては終了した。第二弾はもともと植えたかったウメの木の物色して植えようと思っている。今回は入手出来なかったのだった。

 こうして植木もそろった。敷地内に少しではあるが設けていた家庭菜園も9月のはじめから4種類のタネをまき本葉がそろそろ出てきている。生まれてこの年(57歳近く)になるまで全く菜園をしたことはない全くの「若葉マーク」である。どうなることか。全くの我流で、ときどき本とつきあわせてやっているが、無事育ってくれることかどうか。失敗談でもあればまたブログのネタになるのであろう。

 そういう家庭菜園(以下、畑と書く)で双葉、本葉がでてくるのを楽しみにしているのであるが、この1ヶ月の間、2回程度、畑が荒らされているのである。最初の時はネコが畑を歩いたのかなというような足跡であった。しかし、先日の分は違った。足跡ははっきりとはわからないのであるが、畑の盛り土がところどころ崩されている。発芽して双葉が大きくなったところはごっそりと崩されていた。ネコにしてはいたずらがひどい感じであった。気持ちが悪いが我慢してそのままにしていた。

 数日後、近くの理髪店できいた話。最近、朝6時ごろサルが10-20匹出没したという話であった。子を抱いたサルもいたとか。場所的に比叡山に近いことからサルの出没はありうることと思っていた。時期的にもサルの出没時期と畑が荒らされていた時間が近いのである。さては我が家にもサルが出没したのかのだろうか。引越してくるまで知らなかったが、こういうことは年に数回はあるらしい。我が家より500メートルはなれた有名なお寺のあたりはしょっちゅう出没しているそうで、そのあたりの畑ではサルとの格闘しているそうである。京都の街中ではあるが、とうとうサルの話が現実的になってきた。家内からは畑あらしの犯人をみつけるようにとの命令が出いている。ロボットで、侵入者がいたら通知してくれるというものが販売されたか、販売されるらしい。そういうものが今あればと思ってしまう。

 そういう騒ぎはあるものの「若葉マーク」の私としては、畑の苗が育ってくれるのをただただ祈っている。そして、植樹した木が大きくなり、サクラ・ハナミズキが咲き、グミに実がつくことを。

□□□

|

« 住所・氏名をしゃべるインコのチロたん | トップページ | 秘太刀 馬の骨(最終回)の感想 »

エッセイ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/6128249

この記事へのトラックバック一覧です: 新居のグリーンカーテン化とサル出没情報:

« 住所・氏名をしゃべるインコのチロたん | トップページ | 秘太刀 馬の骨(最終回)の感想 »